やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)

  • 345人登録
  • 3.95評価
    • (26)
    • (47)
    • (29)
    • (1)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 渡航
制作 : ぽんかん(8) 
  • 小学館 (2015年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515428

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このシリーズは全部買うだろうなぁ。
    絵も内容も好きだし。

  • おもしろかった!
    このシリーズは家で読みたい。笑ってしまう。笑い転げてしまう。

    アニメのおかげで声優さんの声で脳内再生されます。
    地の文が一人称って最高に贅沢。八幡好きです。

    彩ちゃんも好きです。
    写真のデータください!

  • いろはす回ー(о´∀`о)ノ

    八幡さんはいろはすに甘いね。
    それもまた良しですが。
    そして安定の対戸塚(*´∀`)笑
    ギスギス回過ぎてから和みます。
    ほっこり。奉仕部の面々、見てて幸せ(笑)

  •  「いろは」を狂言回し的な役割に擬しつつ、彼女+奉仕部三人衆との関わりを、日常内で描く短編集。大きな出来事がないことはそれ自体意味を持つ場合があるが、あざとい行動の裏には心根の正直さ(良い意味でも悪い意味でも)を持ついろはが、三人衆の関係にある種の楔を打ち込んだ。そんな印象を受ける中休み回である。孤高の裏にプライドの高さが見え隠れする雪乃。周りとの軋轢を極少にし男の子に引っ張ってもらいたい結衣。この二人と違い、肉食系のいろはだけが、良くも悪くも安定している三人衆の関係を揺さぶり得るのだ。
    陽乃では結衣との関係が希薄。葉山では恋愛関係(ぬるま湯的三角関係)を突き崩せない(既出の描写なら、結衣も雪乃も葉山へ気持ちを向けないだろう)。川崎さんならとってつけた感満載(いろはが居なければ可能性はあっただろうが)だろう。本巻を上手くラストに持っていけるか、期待したい。PS1.本巻はアニメ用の日常描写の要請かも。PS2.実のところ、入試直前期を迎える小町・八幡兄妹のラスト場面が一番好きだ。家族という、つかず離れずの関係性を温かな目線で描写するからだ。寒い冬こそかかる展開は陽だまりの如き存在になるはず。
    10巻の時に書いた期待が、本巻で少し形になった感があって、個人的にはますます期待が高まったというのが正直なところ。

  • 図書館で。
    フリーペーパーってあまりピンと来ないんですが…新聞とかと一緒に入ってる地域の情報誌みたいなものなのかなぁ?こんなところに年の差を感じる。
    大体学生が作って無料で学生に配るならガリ版でいいじゃんね!平塚先生は間違って無いよ!!

    いろはすが何故か準部員みたいになっていてちょっと愉快。ある意味奉仕部は裏生徒会みたいなものだもんな。そしていつ12巻は出るのだろうか。そちらの相談も持ちこみたい所ですな。

  • 俺ガイルシリーズの短編集。全4作が収められている。全体的に見て、八幡といろはすの関係が進んだ感じ。

  • 6.5と7.5を飛ばしたからあれだけど、*.5ってエッセイみたいな日常の風景で、本編ストーリーは進まないのだな。しかもフリペ制作で、編集の締切怖いの内輪オチ。でも変わらず、小ネタのレベル高い

  • あざといろはす。
    かわいいろはす。

  • いろはす〜〜♡

  • 間違い続けてはや10.5巻……これで何冊めの短編集でしょうか。
    今回は表紙から分かるようにいろはメインの日常編。何でもない日々の中に奉仕部メンバーの微妙な変化が見てとれて◎です。
    アニメ2期のおかげかいろはの台詞が脳内再生余裕で、あざと可愛いイメージを定着させたCV:佐倉綾音は素直にすごいと思った。

全30件中 1 - 10件を表示

渡航の作品一覧

渡航の作品ランキング・新刊情報

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)の作品紹介

アニメ2期放送直前!冬の日常を描く短編集

雪乃、結衣と過ごすおなじみ奉仕部での活動から、小町の受験を心配したり、いろはのわがままに振り回されたり、さらには男子からのあるお願い事まで舞い込み……!? 八幡の短くも慌ただしい冬の日常を描く短編集。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする