GJ部ういーくりー (ガガガ文庫)

  • 33人登録
  • 4.25評価
    • (4)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 新木伸
制作 : あるや 
  • 小学館 (2015年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515619

GJ部ういーくりー (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 卒業後の続きの話ではなく、初期シリーズと同じ時期のエピソード。
    収録漏れをまとめましたってことですね。
    週刊の話をまとめたということで、前作までとは 1 冊での時間の経ちかたが違います。
    内容的にはいつも通りでちょっと懐かしい感じも。
    一応、これですべて蔵出ししたってことなのかな?

  • 気楽に読めて楽だなあ

  • 原作(無印)終了から三たび帰ってきたスーパーゆるふわタイム。懐かしさを感じさせながらいつものGJ部でした。髪型変える話はあるやさんの絵もあったし、特典のマンガも読めて大満足であります。恵よし!な恵ちゃんにやられた。やはり天使はおったんや…。またひょこっと戻ってきてくれないかな。

  • 本編ちゃんと完結させて、その上で(「二期」ではなく)番外編の形でちょいちょい新作エピソードが出るというのはラノベの理想形だと思うんだ。GJ。
    …今回予想外だったことがひとつ。あとがきが無いorz

全4件中 1 - 4件を表示

GJ部ういーくりー (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

GJ部ういーくりー (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

GJ部ういーくりー (ガガガ文庫)の作品紹介

あの「GJ部」がちょっとだけかむばっく!

いつもの放課後、いつもの部室。決して変わることのないここは、木造旧校舎の一室にある謎の部活「GJ部」。
ここには背は低いが態度は大きい部長の天使真央を筆頭に、ゲームの天才で大人っぽい皇紫音、のんびりマイペースでいつも紅茶を注いでくれる世話焼き係の天使恵、謎肉を食べている腹ぺこ不思議な綺羅々・バーンシュタイン。そしてポテチが大好物な「GJ部」の妹係・神無月環。そんな個性的な女の子たちが集まる謎部に入部してしまった主人公で平和的敗北主義者の四ノ宮京夜は、“つんでれ”がわからない部長に説明してみたり、古いストーブの付け方をならってみたり、休日にみんなで部室を飛び出してカレーを食べに行ったりと、毎日いつも通りのゆるふわな時間を過ごす。
今まで語られることのなかったGJ部の新たなる部活動の記録がここに……って、あれ? あんまり変わってない?
読売中高生新聞に大好評連載された4コマ小説全30話+テレビアニメ「GJ部@」に特典として掲載された「NYの思い出」と「このあいだのファミレス」の2作品も初掲載したちょーお得版で登場! またまたちょっとだけ帰ってきた真央たちGJ部部員たちと一緒に走りだそう!!

GJ部ういーくりー (ガガガ文庫)はこんな本です

GJ部ういーくりー (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする