筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)

  • 42人登録
  • 4.14評価
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : toi8 
  • 小学館 (2015年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515671

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 鬼狩りを担う組織THE EYEから門部へ突きつけられた白鬼引き渡し要求。期日の迫る中、結の思い出作りのために圭たちは門部のレクリエーション施設に出かけるがそこにも鬼とTHE EYEの魔の手がーー。
    強大な敵による絶体絶命の状況、つかの間の休息、真意を読ませず暗躍する間白田、そして迫るTHE EYEの門部侵攻。緩急を効かせた展開でグイグイ読ませるし、魅力的な味方キャラと敵キャラ、バトルシーン、満足感しかない一冊です。
    阿黍宗佑、エース・シャター、パペッティアがヤバイ好き過ぎる

  • 前作の内容から予想するに、表紙のわいわいきゃぴきゃぴは気休めなんだろうな、と思いきや、気休めにもならないくらいの怒涛の追い込まれ方。読み進めても中々真相が分からず、話の運びがとても好み。あと、叶ってこんな性格だったっけ。数少ない百刈兄妹の絡みが面白いだけに、次巻で増えてくれれば。。。

全2件中 1 - 2件を表示

オキシ・タケヒコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)の作品紹介

新たなる棺使いたち。《門部》最大の危機。

殺戮因果連鎖憑依体――
古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。

人類の世界にこれまで六度、虐殺と大戦争をもたらしてきたという白い鬼。その七体目の憑依者を巡るバチカンとの戦いを経て、ひとりの少女を保護することになった《門部》だったが、流星群が天を薙ぐ真夏の一幕の裏で、世界の運命は大きく狂いだそうとしていた。

謎に包まれた第三の鬼狩り組織の襲来。情報統制を敷く《門部》式務。そして、それに抗おうとする離反者たち。様々な思惑が交錯する中、恐るべき柩使いと青鬼の出現によって、平和な夏が切り刻まれていく。
第三勢力《THE EYE》とはいかなる組織なのか。式務が隠し通そうとする秘密とは何なのか。そして《白鬼》を守るべく戦う封伐員・百刈圭たち待ち受ける、恐るべき運命とは――。

人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩、激動の第二章。
『波の手紙が響くとき』でも好評を博す、オキシタケヒコが手がけるSF異能バトルアクションシリーズ第二弾。
イラストは各方面で活躍中のtoi8が担当。

【編集担当からのおすすめ情報】
著者は、2012年「プロメテウスの晩餐」で第3回創元SF短編賞優秀賞を受賞。
その後もSFマガジンでの連載などを続け、SF界において非常に評価の高い作家の一人です。
これでもか、と注ぎ込まれた超テクノロジーをエンタメの中に落とし込んでいく妙技をお楽しみください!!

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)はこんな本です

筺底のエルピス 2 -夏の終わり- (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする