異世界修学旅行 (ガガガ文庫)

  • 26人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岡本タクヤ
  • 小学館 (2015年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515756

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

異世界修学旅行 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイトルに偽りなし。完全な異文化を学べるのは通常の修学旅行よりも修学旅行っぽいかもしれないですね。まぁ最近の修学旅行は海外にバンバン行ったりするらしいですが(半目)。異世界に飛ばされた同級生たちを探しながらの旅行になるようですが、今後見つかるのはどんなキャラになるやら楽しみ。話や会話のテンポもよかったです。しかしプリシラがゆるゆるでメタ満載な上にガガガ刊行なのも相俟って、同レーベルのまおちんの魔王さまがダブった(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

異世界修学旅行 (ガガガ文庫)に関連するまとめ

異世界修学旅行 (ガガガ文庫)の作品紹介

新しい異文化コミュニケーションコメディ!

高校の修学旅行中だった沢木浩介をはじめとした2年1組の面々は、気づけば中世ファンタジー風の異世界へと辿り着いてしまう。どうやらこの世界では100年に1度くらい異世界から人間が漂着し、漂着者はその度に世界の危機を救ってくれるという言い伝えがあるという。

普段から接している漫画とゲームとラノベとゆとりある教育のおかげでその手の話をすんなり受け入れた2年1組は、サクっと世界を救ってやろうと決意する。

だが、世界を支配せんとしていた魔王は既に倒されたあと。彼らの活躍する隙間はもう残っていなかったのである。さらに次の日食の際に儀式を行えばもとの世界に帰れると知り、拍子抜け。

しかし、異なる文化と文化がぶつかるところでは、必ず摩擦が起こるもの。異世界中に散らばった少年少女たちが世界各地で様々なトラブルの種となっている。

浩介たちは異世界という修学旅行先の各地で思い思いにはしゃいで回る個性的すぎるクラスメートたちを全員回収し、無事にもとの世界に帰還することができるのか。

異世界から帰るまでが修学旅行の異文化コミュニケーションコメディ。

異世界修学旅行 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする