異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)

  • 15人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岡本タクヤ
  • 小学館 (2016年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515930

異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 異世界ファンタジーらしく今回のメインはドラゴン。…なんだけどノリが軽すぎぃ!(笑)おかげで最後はちょいちょい真面目な話があってもシリアスになりすぎず気楽に読めました。しかしあらためて個性の強い面子ばかりなクラスですなぁ。まぁそうでないと話ができないか(笑)次のクラスメートも楽しみです。単独行動となってる宝田様はどんな方向に進んでいくのやら。

全1件中 1 - 1件を表示

異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)の作品紹介

異世界を堪能しすぎの修学旅行は続く。

修学旅行の最中、突如中世ファンタジー風異世界に飛ばされたものの、特にこの世界でやることもないので修学旅行の続きをはじめた沢木浩介たち。彼らと旅のスポンサーであるプリシラ王女は修学旅行を楽しんでいた。
異世界であろうと、修学旅行の定番コースは変わらない。お土産ショッピングをし、名物を食べ、史跡を巡って歴史に思いを馳せる。
しかし旅のもうひとつの目的である、異世界に散らばったクラスメート捜しはあまり進展していなかった。
そんな道中、浩介たちはドラゴンの脅威に怯える村に辿り着く。
浩介たちは「討伐してあげたい」と思うが、プリシラの「どういう脳の構造してたらドラゴンさんに勝てると思えるんじゃ? それとも将来の夢がひき肉なのかな?」というマジレスで冷静になる。ドラゴンは軍隊に任せてスルーしようとしたが、村人から「二か月前に突然現れた少年がドラゴンを諫めようと山へ向かい帰ってきていない」と知らされる。
聞けば聞くほどその少年はクラスメートっぽいので、一行はドラゴンが棲むという山へと向かうのであった――。

異世界を堪能しまくっている高校生たちの異文化コミュニケーションコメディ、第二弾!

異世界修学旅行 2 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする