俺、ツインテールになります。 11 (ガガガ文庫)

  • 25人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 水沢夢
  • 小学館 (2016年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094515992

俺、ツインテールになります。 11 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  •  総二が格好良すぎる……。
     そして甘いだけじゃなく、全力で喧嘩することでお互いに納得しあうまで殴りあう熱血展開に胸が熱くなる。
     今回は日常編も多くコメディ部分も多かったが、それ以上にバトルの熱血展開が最高によかった。
     アイカさんは順調に人間をヤメテイッテイルノデスネ。

     しかし、謎の部隊『神の一剣』の最終侵攻が迫っていた。そして、全異世界を変えると語る科学者マーメイドギルディの目的とは……?

     神を語るものが来るならかかってこい。すべて、このツインテールで受け止めてやる!

  • 温泉旅行での尊の態度が、かえって生々しいというか。レーベル的制限で一線を越えられない以上、展開が読めてしまう温泉の話を延々と読まされるのは、苦痛でした。

  • 今回は友情がテーマなのかな。苦悩する仲間を物理的に叱咤激励して再度戦線に加わらせ、合体必殺技で(文字通り)ケリを付けるという王道中の王道展開。敵の戦力も今までとは桁違いに上がってるらしいので絆を深めてパワーアップはいいんじゃないですかね。あとは他の方々も書かれてるけど、桜川先生のギャップが素晴らしかったです。乙女化しつつあるトゥアール筆頭に、ラブコメの方も温泉回で激化の一途を辿りそうですね。

全3件中 1 - 3件を表示

俺、ツインテールになります。 11 (ガガガ文庫)の作品紹介

ツインテールな温泉旅行!迫る神の一剣!

死の二菱の隊長ティラノギルディを倒し、奪われた属性力を取り返した総二は、真の究極のツインテール・アルティメットチェインへと到達した。それは、愛香たち仲間の支えがあったからこそ。
総二はそのお礼と皆に心配をかけたお詫びに「一人一つずつ何でも願いを聞く」ことを提案。どんな願い事をするか全員がけん制し合うなか、ある一人が「みんなで旅行に出かけたい」と願い、ツインテイルズ一同で温泉旅行をすることに。
温泉という舞台を活かし、ツインテールではなく“女の子そのもの”にもっと興味を持たせようと、愛香たちは決意。次々に迫る女体を前に、総二は……!?
一方、総二たちの世界へ侵攻しているアルティメギル部隊は、他の世界からの増援もなく孤立無援の状態にあった。撤退などできない。せめて最後は華々しく散るかと達観し始めた時、一体の美しい女性型エレメリアンが現れる。その可憐さに翻弄される戦士たちだが、彼女は自分の正体を隠し、邪悪な企みを胸に秘めていた――。
襲来する乙女の裸体。
厳かに降臨する四頂軍最後の一隊・神の一剣(ゴー・ディア・ソード)。
新次元の攻防が今、幕を開ける!!

俺、ツインテールになります。 11 (ガガガ文庫)はこんな本です

俺、ツインテールになります。 11 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする