やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)

  • 66人登録
  • 4.20評価
    • (9)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 犬村小六
  • 小学館 (2016年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094516340

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

  • いやこれは何と言うか、大時代的な戦争や革命という舞台の中で描かれる恋と運命の物語は、実に『とある飛空士シリーズ』の作者らしい物語だ。
    今回は空戦ではなく、ロボット兵器なのがある意味新鮮だけど。

    『飛空士』でのカルとクレアの如く、ルカとファニアにも革命の運命が待ち受けるのだろうなあ。
    本巻での二人の触れ合いが実にもどかしく切ない。

    終盤、ルカたちが仕掛けた勝負の場面には手に汗握った。
    そして成功した後に抱き合うルカとファニア。
    うん、さすが読者の気持ちをよくわかってらっしゃる。
    いや、満足。
    個人的ハイライトは、その勝負の時に敵に囲まれる中でファニアが国旗を高く掲げて味方を鼓舞する場面。
    いやあ、こういう場面に弱いのよ。

    ラストでとんでもない引きを放り投げてきたけれど、消去法でいくとヴィヴィレインはミズキなのかな。
    でも、作者にことだからまんまと騙されそうだ。
    さて、次巻も期待して読もう。

  • やがて恋するヴィヴィ・レイン#1

  • お姫様と逃避行…これは…飛空士…追憶…うっ!頭が…な感じが漂うエピソードもあったりしますが面白いので正義です。素直にワクドキしながらページをめくる感覚は久しぶりかも。

  • 飛行以外では越えられない壁によって隔てられた
    「楽園」「地上」「煉獄」の三つの世界
    真ん中に位置する地上、グレイスランドでは戦争が絶えず勃発していた
    グレイスランドの一国の底辺で生きるルカは、
    ある日空から落ちてきた少女を助ける
    「ヴィヴィ・レインを見つけて」
    やがて託された少女の願い、必然か偶然かその様々な出会いと出来事によって
    ルカの一歩は大きなうねりを生み出すのだったーーー


    ****ネタバレ含む****



    序章から既に面白くてワクワクが止まらなかった!
    何よりまずタイトルが好きだ
    なんだろうこの語感の良さは
    やはり犬村さんの作品はすごく自分に合っているなぁと感じる

    所々、飛空士でもあった設定や展開があるのは気になった
    世界にある段差とか
    未来を予知夢で見たりとか
    奢り高き天上人とか
    好きな設定なんだろうか

    ラストであっさり、ヴィヴィの正体が絞られたせいで
    あれかこれかとソワソワしている!

    最終的にヴィヴィを求めてジュデッカなどにもたどり着くんだろうか
    魔法の世界が絡むなら楽しみ

    粗野でそれでいて優しみのあるルカと、
    憎めない旅のお供の珍道中に期待…!

  • 読み終わったのに記録つけるの忘れてた。
    犬村小六先生の新作というだけで待ちきれないぐらい楽しみにしていたのだが、期待を裏切らない出来だった。
    何より印象深いのは主人公と王女の逃避行の中で揺れ動き、そして身分の差から引き裂かれる二人の心情だ。犬村先生得意の心情描写の技術をこれでもかというほどふんだんに使った一連の文章は読むがわまでせつない気持ちで満たしてくれる。
    周りに言えない秘密を抱えたミズキや、もちろん主人公とのただならぬ因縁を感じさせるアステルも含めて、読者をワクワクさせる伏線を張りながら、戦闘シーンは圧倒的な描写力で満足させてくれる。新しい名作が始まった。

  • とある飛行士シリーズの作者の新作。前シリーズは残念ながら途中で離脱してしまったが、この作者なら間違いないだろうと思い購入。結果、面白かった!

    表紙イラストからふわふわファンタジーの印象を受けたが、中世ヨーロッパの泥臭いスラムで生きる少年だったり機械兵に乗って戦う国同士の戦争だったり、ふわふわなところはほぼなく、どちらかと言えば機械油にまみれている印象。

    1巻はまだ世界観と登場人物紹介といったところでプロローグ的な物語の始まり。これからどんな壮大な冒険が繰り広げられるのか楽しみ。1巻の頃は平和で良かったと思う時が出てくるのかもしれない。

全6件中 1 - 6件を表示

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)の作品紹介

飛空士シリーズの犬村小六、最新シリーズ!

「ヴィヴィ・レインを見つけて」

彼女の願いを叶えるため、スラム街の少年は旅に出る。限られた命を生きる人造の少女と、意志を持つ機械兵。滅びゆく王国の姫、性別不詳の天才操縦士、皇帝に捨てられた侍女の子ども……。
旅の途中、それぞれの傷を抱えた仲間たちと出会い、やがて少年は「災厄の魔王」と称され、楽園に支配された世界へ反逆の旗を翻す。
ヴィヴィ・レインを探す、ただそれだけだった小さな旅はいつしか時代のうねりとなり、世界を変革する戦いへ――。

傷だらけの少年少女が織りなす恋と会戦の物語、開幕。

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)はこんな本です

やがて恋するヴィヴィ・レイン 1 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする