EXMOD: 思春期ノ能力者 (ガガガ文庫)

  • 5人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 神野オキナ
  • 小学館 (2017年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094516524

EXMOD: 思春期ノ能力者 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者買い
    なんだろ。シックスボルトを思い出した。
    主人公の少年とそれを取り巻くヒロインズというのは
    作者のテンプレとしても、それ以外に似た部分があるわけでなし。
    シリアス中心だから?ほかにもそんな作品あるけどなぁ。

    VRMMOがまだまだ席巻してるけど、こういうやり方があるか、とか。
    最後のトリックひでぇ、とか。
    目新しい部分もありつつ、実によいステレオタイプなヒーローものでした。

    続く。とすげぇと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

EXMOD: 思春期ノ能力者 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

EXMOD: 思春期ノ能力者 (ガガガ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

EXMOD: 思春期ノ能力者 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

EXMOD: 思春期ノ能力者 (ガガガ文庫)の作品紹介

3人の少年少女は、ある日超能力に目覚めた

高校生の真之斗は、お隣の双子の姉妹・世衣、亜世砂と姉弟同然に育ってきた。ある日の朝、通学中に巻き込まれた「白いコートの少年」による凄惨な大事故で、3人の日常は一変してしまう。かつぎ込まれた病院での緊急手術の際、新薬PARANO=ERを投与された3人は、驚異的な回復をみせるも、事故の後遺症から姉の世衣は音楽の道を、妹の亜世砂は陸上選手の道を断念することを余儀なくされる。そして、真之斗は一番深い傷を負いながらも、事故で救えなかった命に対して日々自責の念に駆られていた。
そして、その日は突然おとずれた。
補助器具なしでは歩けなかったはずの亜世砂は脚力を、姉の世衣は失われていた絶対音感と美声を取り戻す。人間が持ち得る能力の限界を遥かに超えたものとして。そして、真之斗は……。
同じころ、北海道・新千歳空港へと向かう国道337号線で、原因不明の大事故が発生。現場では宙に浮かぶ「白いコートの少年」が目撃されていた……。

突然の超能力に目覚めた少年少女たちの戸惑いと葛藤、そして戦いを描く青春SF長編!

EXMOD: 思春期ノ能力者 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする