物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)

  • 19人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森田季節
制作 : Mika Pikazo 
  • 小学館 (2017年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094516609

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとも言いがたいから、次を読んでみる。

全1件中 1 - 1件を表示

森田季節の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)の作品紹介

残念系異能力者が紡ぐ青春未満ラブコメ!

波久礼業平は異能力者高等専門学校の2年生である。彼には友達がいない。それもこれも彼の持つ能力、無意識に半径1m以内の人間のエネルギーを吸い取る、いわゆる「ドレイン」のせいである。
周囲からは露骨に距離を置かれ、モテる兆しは全くないし、そもそも友達がいない。定位置はクラスの一番後ろ。机から半径1mの位置に侵入注意のテープが貼られている。スクールカースト底辺というより範囲外といったほうが正しい。
「形態変化とか自分よりキモい感じの異能力者にだって友達がいるのに、おかしいだろ! 世の中まちがってる!」
彼の鬱屈とした感情は爆発寸前だった。
そんな悶々とした彼に声をかけたのは、校内で誰もがその名を知る孤高の毒舌少女、氷の姫こと高鷲えんじゅ。ひょんなことから彼女の秘密を知ってしまった業平は、彼女から友達を作る『同盟』を持ちかけられる。思わぬ提案に心を躍らす業平だったが、とても簡単なことを失念していた。「類は友を呼ぶ」ということわざの存在を……。そして、そんな悩みを抱えたぼっちは彼らだけではないということを……。

不遇な異能力のせいでぼっちになっている負け組たちが巻き起こす、学園異能力ライフ!


【編集担当からのおすすめ情報】
『不戦無敵の影殺師』の森田季節が紡ぐ最新シリーズ!!『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』や『弱キャラ友崎くん』を世に送り出してきた、ガガガ文庫の次なる学園青春ラブコメはこれ!!新進気鋭のイラストレーターMika Pikazoのキュートなイラストにも注目です!

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)はこんな本です

物理的に孤立している俺の高校生活 (ガガガ文庫)のKindle版

ツイートする