パイレーティカ女海賊アートの冒険 下巻 (ルルル文庫)

  • 34人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 渡瀬 悠宇  Tanith Lee  築地 誠子 
  • 小学館 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520187

パイレーティカ女海賊アートの冒険 下巻 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2008年8月12日

  • 2004年の作品。07年7月発行。亡き母モリーの記憶に混乱しつつも、人を殺さない海賊として生きていく男装のアート。宝の地図を辿って島に上陸しますが…
    上巻でこれはどうなんだろう??と疑問に感じた点を上手く組み立てて、ついにルンドンで絞首台に上げられた所も盛り上がり、結末はなるほど異世界ファンタジー。面白い仕上がりになっています。

  • ヒュー・グラントの「恋する予感」の劇中劇(「ピーター・パン」でヒューはフック船長)の部分を見ているような気分になりました。

  •  宝島の地図を巡って宿敵ゴールディと対決したのち、アートたちは宝島目指して旅を始めるが、、、。 深読みせずに、素直に読めば良かったと少し後悔(涙)。 下巻は宝島での財宝発見を巡る冒険やあれこれ、明かされる意外な真相のオンパレート&手に汗握るクライマックスが待っている。こんな風に伏線が収斂するなんて。じーん。続編は…あるのかしら?あってもおかしくなさそうだ。 パラレルワールドを舞台にした、耽美の女王タニス・リーぽくない明朗快活な冒険ファンタジー。あまりにもらしくないのでどうなることかと思ったけど、やっぱり面白かったー!

全5件中 1 - 5件を表示

パイレーティカ女海賊アートの冒険 下巻 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パイレーティカ女海賊アートの冒険 下巻 (ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パイレーティカ女海賊アートの冒険 下巻 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

パイレーティカ女海賊アートの冒険 下巻 (ルルル文庫)の作品紹介

かつての母の仲間たちを説得し、船を奪い取って、アートは女海賊となった。彼女の船が目指すのは、母の残した地図に記された財宝があるはずの島。だが、その前に宿敵ゴールディ・ガールが立ちふさがり、しかもフェリクスとの関係がどうにもギクシャクしてしまって…。広大な大海原を舞台に、物語はついにクライマックスを迎える。

パイレーティカ女海賊アートの冒険 下巻 (ルルル文庫)はこんな本です

ツイートする