蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)

  • 52人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (10)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 入皐
制作 : カズアキ 
  • 小学館 (2007年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520194

蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

全7件中 1 - 7件を表示

蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)の作品紹介

神魔は、善であれば地を潤し、悪であれば"死魔"という化け物により地を滅ぼす神。その死魔を壁によって隔離する街「神魔門」にやってきた少女エミーリアだが、街は死魔に襲われ崩壊の危機に瀕していた。伝説の英雄を曾祖母に持つ彼女は、神殿騎士団と共に死魔と戦うことを求められるが…。エミーリアは様々な葛藤の末、伝説の英雄として戦うことを決意し、神殿騎士達と人々を守るために立ち上がった。少女の勇気とロマンの物語。第1回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門佳作受賞作。

蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)はこんな本です

蝶の大陸―黄金のエミーリア (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする