オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 黒百合姫  Sharon Shinn  東川 えり 
  • 小学館 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520453

オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)の感想・レビュー・書評

  • 読んでいると、どうしても「西の善き魔女」が思い出されます。主人公の立場が似ているのかもしれません。ルーンではなくてユーシスとハッピーエンドになったフィリエルというところでしょうか。著者の他の作品も気になってきました。

全1件中 1 - 1件を表示

オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)を本棚に登録しているひと

オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)の作品紹介

コリーの異母姉エリサンドラと王子ブライアンの結婚式が近づく中、大好きな叔父のジャンクソンが妖精「アリオラ」の女王を連れてオーバーン城に帰ってくる。それも彼の結婚相手として!妖精と人間の結婚という衝撃の事態に人々が動揺している時、城では思わぬ悲劇が起きた。親しい人々がそれぞれの運命をたどる中、17歳となったコリーもまた一つの決意を胸に秘め、自分の人生を探し始める。

オーバーン城の夏 下 (2) (小学館ルルル文庫 シ 1-2)はこんな本です

ツイートする