世直士学園―天使と王子とマリア様 (ルルル文庫)

  • 12人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 七海花音
制作 : RURU 
  • 小学館 (2008年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520811

世直士学園―天使と王子とマリア様 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 男子高生が主人公って少女向けと思われるレーベルでは珍しいような。ちょっぴり古臭い雰囲気はありますが、健全な雰囲気のコメディでした。メイン三人が揃って良い子ってどうなの、とも思いましたが、割と嫌味はなかったかな。

  • 回送先:町田市立さるびあ図書館

    前作に見られた「反知性主義」に関しては大幅な改善が見られたとしても、やはり思考停止が大きな課題となって浮き彫りになっている。

    今回の作品ではシェルターが登場するがそのシェルターに対しての政治(かどうかは当事者による意見を待ちたい)と権力作用を際立たせることで、一見するとリベラルな物言いを行おうとする振る舞いを見せている(DVに関してはアクティビストが相当の思考停止に陥っているのだが…)。
    だが、勧善懲悪という(ものすごい牧歌的な)排外主義からの呪縛からは逃れられず、結果として阿部真璃亜の思考に内心あきれて果ててしまうことにもなっている。

    さてエデュケーションという行為をめぐって、さまざまな発想があるが、そのどれもが「子供にとっての最善の知的興味関心(最善の利益ともいう)」になっているのかというと心もとない。名誉やプライドに駆られて最善の利益を怠っているのだとすればそれは本末転倒であるし、そこには教育学も政治学(政治思想学ならば付き合えるが評論とは一切付き合わない)も介入の余地は無い。同様に、彼らになんで批判的なまなざしを向けざるを得ないのか―それは「道徳」という存在のダウンサイジング(いいものは“ガムテープ”ではなくきちんとした“体質改善工事”を行い、弊害しか残らないものはきちんと廃棄を考えるという意味)を行う可能性を頭から考ええていないこと、「世直し」というものがともすればアクティビズムの枠組みでしかないこと、そしてなによりある人にとっての「正義」は万人の正義では到底ありえず(それはユニテラリズムが見事に証明して見せた)、結果としてそれをどのように是正していくのかについての発想が存在していないことが大きなウェイトを占めている。

    この作品はホントにいろんな分野にリンクを張ることができる。その膨大なリンクがきちんと回転するのだから興味深い。

    ただし、難点をいえばある特定のイメージにしがみついている節があり、それが大きなマイナスとなっていること、そしてなにより「あたちはパパ/ママの子じゃない」よろしく「あたしは渡部昇一の弟子じゃない」という宣言が一向にできていないことが大きな減点対象となっている。

全2件中 1 - 2件を表示

世直士学園―天使と王子とマリア様 (ルルル文庫)を本棚に登録しているひと

世直士学園―天使と王子とマリア様 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世直士学園―天使と王子とマリア様 (ルルル文庫)の作品紹介

エリート男子校「世直士学園」高等部一年の飛鳥咲、ミカエル王子、阿部真璃矢は、愛と希望があふれる世界を目指して人助けに燃える仲良しトリオ。ある日、真璃矢のもとに可愛らしい女の子が助けを求めてやってきた。女の子の父親は大物政治家だというが、その父親のせいで…!?咲ら三人は大胆な計画のもとある行動に出る!そしてそんな中、真璃矢の意外な秘密が…!?愛と笑いと感動の男子校物語。

世直士学園―天使と王子とマリア様 (ルルル文庫)はこんな本です

世直士学園―天使と王子とマリア様 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする