封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)

  • 133人登録
  • 3.78評価
    • (12)
    • (20)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 霜島ケイ
制作 : 也 
  • 小学館 (2008年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520910

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)の作品紹介

魔人・乙夜に案内された地下室で桐子達が見たものは、『人喰い』の実験体として横たわる血まみれの聖だった!鬼の本性を現し、再び襲いかかる鵺・真明と対峙する聖の姿に弓生は…?一方、乙夜が新たに仕掛けてきた勝負に自らとび込み、自分の心の奥底へ入っていった桐子。心の中はいくつもの部屋に分かれ、桐子が捨てた過去の思い出が再現されていた。桐子を案じ心の中まで迎えにきた志郎だったが…。

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)はこんな本です

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈4〉 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする