ブクログ大賞

沙漠の国の物語―眠れる望楼 (ルルル文庫)

  • 45人登録
  • 4.18評価
    • (7)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 倉吹ともえ
制作 : 片桐 郁美 
  • 小学館 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094520972

沙漠の国の物語―眠れる望楼 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 沙漠の国の物語・第5弾はジゼットとラビサ、お互いに惹かれあう気持ちを自覚する、思わず顔がにやける物語。名言のところにも書いたのだけど"「多分濡れ衣だ。俺はどちらかというと段階を踏むタイプだと言っておいてくれ」" (P38) って。
    かなり段階すっ飛ばしてますけど…?

    舞台は至星(こちらで言う冬至?で大晦日?のようです)で賑わうマンナ。タラスファルの織物をマンナに運ぶ仕事を手伝うことになったラビサだが、なぜか元気がない。そんな様子を心配したジゼットがなにかと構う中、ひょんなことからマンナの幽霊&殺人騒動に関わることになり…

    ラビサの意外な弱点とそれを知ったジゼットのイジワルに、思わずニヤニヤしてしまう。イジワルが過ぎて、ラビサの心に秘められた深い悲しみを呼び覚ましてしまった時…ジゼットの心はラビサに決定的に捕らえられる。好きな子をちょっとからかうような軽さが消え、決意に変わる。残念なことにその決意はラビサにまだ、届いてはいないけれど。
    どたばた騒ぎの後、ラビサとジゼットに訪れた夜明けの瞬間が、とても素敵です。ラビサは言えなくなってしまった自分の嘘をジゼットに告げ、でもとっくに決意をしているジゼットはそれを知ったところで揺らぐ訳もなく…真っ直ぐな彼の言葉でラビサが笑顔を取り戻す場面は、ジゼットじゃなくても見惚れてしまう。

    ジゼットの言葉を受け止め、今の状況から一歩踏み出す覚悟を決めるラビサ。全てから守ると誓うジゼット。

    そんな二人の想いはまだまだ心の中にある状況で、世界の変革の波が姿を現わし始める。一つは砂嵐の後継者を名乗る者。一つは星読みの徒たち。これからどう動いていくのか、続きが楽しみ!

  • 読む順番を間違えてしまった…。
    既刊順に読んでいたのに、うっかりこちらを先に読んでしまった事に気がついたのは、物語もかなり後半に差し掛かった頃(-_-;)
    まぁ、多少の流れはあるけれど、ほぼ一話完結で読めるはずだから大丈夫!
    ってな感じで、サックリ読んじゃいましたw

    天真爛漫過ぎるラビザにもトラウマになるような過去があったとは…!?
    ちょっと驚き。
    でも、どんなラビザでもジゼットが大切に守ってくれるから…超羨ましい(>▽<)きゃー♪
    このシリーズ。
    最初はかなりラブ度が薄かったけど、この所、少しずつラブ度が増してきてるみたいで個人的にはかなり嬉しい^^

  • H21年3月4日 ちょっと読むのに時間がかかったかな?
    完結したら、もう一度いっき読みをしようと思うシリーズです。

全6件中 1 - 6件を表示

沙漠の国の物語―眠れる望楼 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

沙漠の国の物語―眠れる望楼 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

沙漠の国の物語―眠れる望楼 (ルルル文庫)の作品紹介

新年を間近に控えたタラスファルでは、隊商都市マンナへ名産の織物を売りにいくことになった。ラビサは織物の評判を聞きに、ジゼットは沙漠を騒がす盗賊団「砂嵐の後継者」の情報も手に入れようと向かったマンナだったが、町はずれにあるいわく付きの塔をめぐる殺人事件に巻き込まれることに。そして塔の真相を探るうち、2人は互いに強く想い合うようになり…!沙漠が舞台のドラマチックファンタジー。

沙漠の国の物語―眠れる望楼 (ルルル文庫)はこんな本です

沙漠の国の物語―眠れる望楼 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする