桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)

  • 208人登録
  • 4.11評価
    • (27)
    • (27)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 深山くのえ
制作 : 藤間 麗 
  • 小学館 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094521184

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 利雅が出てくるのが楽しみで仕方がない。

  • ・※表紙の殿方は雅遠さんです
    ・帝まさかの20歳
    ・そして登花殿様24歳姉さん女房
    ・藤間麗先生作画じゃロリロリやんな
    ・保名さんと葛葉もしかしてお似合いか
    ・父宮もしかして:クズ
    ・敦時さんの圧倒的CV石田彰感
    ・ツンデレる利雅

  • 相思相愛ではあるが、家同士の軋轢と背負う呪いゆえに、雅遠と詞子の関係は世間には秘密。
    紆余曲折の末、雅遠は、詞子と幸せに結婚するには左大臣である父の力を借りず、己の実力だけで立身出世しなくてはならないと気付き、出仕を始める。
    そんな折り、雅遠は父から結婚を命じられた!? そこには政治的思惑も潜んでいて…。

    好きな女のために出世を決意し、仕事をし始めるという何とも分かりやすい雅遠の素直さが好ましい。動機はさておき、何だかんだ仕事にせいを出せるあたり、やっぱり無能ではなかったようだし。
    でも長男で母親も正室の雅遠を、家庭教師の言葉だけで駄目だと放棄してる左大臣はどうかと思う。まぁ今回はお父さんも痛恨の反撃を食らったので、しばらくは大人しくするかな。
    新キャラとして出てきた登花殿の女御は、詞子にいい影響を残していってくれて良かった。度重なる暗殺未遂とか…やっぱり内裏は恐ろしい。
    ものすごい派手な展開はないものの、徐々に事件の全貌が見えてくる感じの運びが毎度面白い。小難しすぎないのも良い。
    雅遠の弟は結局のところツンデレなのだろうか?

  • シリーズ3冊目です。
    弟君がじつは。
    ツンデレですか?
    ちょっといい味だしてます。
    このシリーズはいままでのところいろいろ事件はありつつも主人公の二人がぶれないのが嬉しいです。

  • あれニ巻目に引き続いて弟の印象変化。
    バカな子でなくて、兄バカだったのか。
    かまってちゃんで、かわいらしいのか。

    お金を持つと色々遊びだしたくなると、
    時代関係ないね。
    でもって、結構皆愚かな感じ。

    頭良く出世した人がいなそうな印象。

  • 境遇と家同士の軋轢から秘する仲である雅遠と詞子。正式に結婚するため、雅遠は出仕するものの、結婚話が持ち上がる。

    よくよく考えてみると、十代で結婚とか、家を構えるというお話をしていて、すごいなぁと感心。
    雅遠の出世には、いろいろと障害があるものの、それを片づけて上に上がっていくのは、快感です。
    詞子も少女小説のよくある『おとなしいけど、心優しく、芯がある』キャラクターなのですが、キャラクター造形に無理がないせいか、嫌みがありません。内助の功がいつも見ていて気持ちがいいです。

  • とうとう購入してしまった3巻!
    詞子と幸せになるには、自らの力で出世しなければならないと気付いた雅遠。詞子と出会ったことで雅遠が将来について真面目に考えるきっかけができて、尚且つ詞子も悲観するばかりでなく「幸せになりたい」と段々思うようになっていって、二人の出会いや二人を取り巻く人間模様がすごくプラスに作用していることがとっても嬉しかった(*´▽`*)
    純愛良いなー。こんな風に愛されてみたい。こんな風に大切にされてみたい。

  • 雅遠が仕事を始めたり、政治的陰謀に巻き込まれたりと、読み応えのある巻でした。個人的に、ラストの弟君がかわいかったです。普段は雅遠のことを嫌って馬鹿にして嫌味ばっかり言っているのに、衣装を用意してあげるなんて! 利雅の株がちょっとだけあがりました。

  • 雅遠が仕官をはじめて良い人達も増えたが、嫌なヤツも増えました。
    嫌なヤツが増えたら、底意地の悪い子だと思ってた利雅がお兄ちゃんの相手にしてもらえないかわいそうな子に思えてきた・・・。
    本当はいい子なのかな。

    雅遠には、人望でガンガン出世して、桜姫と幸せになってほしい。
    そして、保名と葛葉はどうなるのかな??こっちもうまくいったらいいな。

  • 話がやっとこみ合ってきましたね。
    色々策謀めぐってこその平安ものですね!
    挿し絵が何かと桜姫と雅遠のいちゃいちゃした2ショットで、二十歳すぎがお外で読むには大変恥ずかしかったです。
    おうちでよみます。

  • 雅遠くんが出仕し始めましたねー。お上の一声は強い強い。
    詞子ちゃんも登華殿の女御に気に入られたみたいだし。
    そして最後に詞子ちゃんちょっぴりのわがまま(笑)

    世間が許さなくても、私が許します(笑)
    詞子ちゃんもっと幸せになってください、幸せを望んでください(笑)

  • ヒーロー地道に出世していく・・・の巻でしたが、嫌味キャラの義弟が地味に可笑しい。一人でパニックになってギャーギャー言う姿は、まるでマンガのようで、頭の中での容貌がイヤミ(シエーッ)になっています。

  • 3巻目。
    雅遠が詞子との未来のために、出仕をはじめました。
    仕事ぶりは、雅遠くん、やればできるんじゃない。こういう上司だと、下の者もやりやすいですよね。

    で、出仕を始めると、そこは左大臣家の嫡子ということで、さっそく縁談が持ち上がりました。
    詞子としか結婚したくない雅遠は、縁談をぶちこわすために縁談の裏を取り始めると、2巻で出てきた盗賊騒ぎとつながってきて、大事になってきました。

    帝もほんとは登花殿の女御だけを相手にしたいのに、自分の立場で他の女御の相手もしないといけないのは、かわいそうです。それこそ、兵部卿宮が帝だったら、後宮の女性を平等に愛することができて、それこそ後宮は花盛りだったんでは?って思いました。

    今回、詞子は帝の仕事の助けをすることができ、二人の関係はずっと深いものになってきたようです。こういう内助の功っていうのは素晴らしいですね。

    一方、雅遠に衣装のことを伝えなかった利雅。でも、予備の狩衣を用意していたところをみると、困った雅遠に予備の狩衣を差し出して感謝されたかったんでしょうか。実は雅遠が好きそうです。

    帝も覚えもめでたいし、次巻どんな感じになるのか楽しみです。

  • 再読。雅遠が遂に出仕を始める話。段々物語が動き出していく感じがする。雅遠って意外と頭が切れるタイプみたいで、どんな時も冷静に対処してる姿が所々で感じられます。

  • 1巻読んで、どうかな?どうかな??って読み進めたら、どんどん面白くなってきました!もともと平安モノが好きなので、ツボです。雅遠がどんどんカッコよくなってきたー!

  • ちょっとずつ、恋のお相手「雅遠」が、男性としてレベルUPしていきます。
    もはや夫婦同然の生活。

    昔だったら、ありえなぁ~いと思うんでしょうが、そこはライトノベル作品。
    多少の歴史的決まりごとは、無視という事でw

  • 2009年9月4日
    ほんわかしたなかにミステリーのある平安恋愛絵巻

  • 詞子を守るための決意を固めた雅遠がえらいかっこよく、蔵人仲間がすごく良い味出してる巻。

    女御さまがすごく可愛い。
    幸せ、頑張って競って欲しい(*´∀`*)

    縁談を破談にするために頑張る雅遠がすごく良い。

  • 3巻まで既読<1〜4>第3巻 突然夫婦のようになってて驚いた。一巻の段階で抱きしめたその後は兵部卿宮に教えてもらう〜という会話は知らないというわけじゃなかったのか。もうちょっとそこまで行くのに戸惑い期間があっても良かったんじゃ。巻を読み飛ばしたかと思った。せめて夏の間の巻が知りたかった。梅雨からいきなり秋。その点を覗くと相変わらず絵は綺麗だし話も面白いし、雅遠は出世頑張ってるし弟はツンデレだしで面白かった

  • 久々の新刊♪
    詞子と雅遠のラブ度が順調(?)に上昇しているようで、ちょっと嬉しい^^
    しかも、詞子の為にせっせと働く雅遠はかなり素敵!
    二人が一日も早く幸せになってくれることを願うが、このまま順調に進んで、シリーズがあっという間に完結してしまうのは淋しいなぁ…。
    まぁ、そんな心配はおそらく無用だろうけどw

全22件中 1 - 22件を表示

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)の作品紹介

源雅遠と藤原詞子は相思相愛の仲。ただし家同士の軋轢と詞子が背負っている呪いゆえ、二人の関係は世間には秘密。紆余曲折の末、雅遠は、詞子姫と幸せに結婚するには左大臣の父の力を借りず己の実力のみで、立身出世しなくてはならないと気づき、出仕を始める。そんな折、雅遠は父から結婚を命じられた!?そこにある政治的思惑も潜んでいて…。雅遠は詞子姫をどう守るのか!?大人気の平安ラブロマン。

桜嵐恋絵巻 ~火の行方~ (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする