双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 月野美夜子
制作 : 梨月 詩 
  • 小学館 (2009年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094521283

双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 篠原千絵の「セルゲイ王国の影使い」の原作。でもだいぶ違うなぁ。
    「セルゲイ王国の影使い」は元の題名らしいし、大幅改稿したそうだから元のに近いのかな。

  • 大好きな篠原千絵さんが漫画家したとあるので、気になって購入。
    いつもコミックで買うので、篠原千絵バージョンは読んでないです。

    ふもとの村から離れた、夕映えの丘で、それなりに幸せな生活をしていたリーザ。久しぶりに友達を集まって遊んでいたところに、影が出現し、みなを惨殺。
    いきなり、死んじゃうんですか・・・。

    失踪したルイを探しに旅に出て、自分の能力や両親のことなども徐々に知っていくんですけど、終わりががっかりです。最初から途中までは面白かったんですけど、最後は、続きがあるんだろうなぁっていう終わり方。もうちょっとまとめて欲しい。

    いや、ほんとにこれで終わりだったら、どうしようって感じです。

全2件中 1 - 2件を表示

双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)の作品紹介

幼なじみのルイが失踪した。生きていることを信じ彼を追う旅に出たリーザ。途中、危機を救ってくれた騎士テリウスと同行することに。そして、彼からリーザは母がかつて国を繁栄させる「影使い」だったことを知らされた。「影使い」は人の影を操ることで、その人の能力を高める力を持つらしいのだが…?!人気漫画家、篠原千絵が描いた『セルゲイ王国の影使い』の原作となった作品。期待の新人デビュー。第2回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門佳作受賞作。

双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)はこんな本です

双剣の影使い ~夕映えの丘のリーザ~ (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする