プリンセスハーツ 〜これが最後の恋の巻〜 (ルルル文庫)

  • 113人登録
  • 4.20評価
    • (16)
    • (23)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 高殿円
制作 : 明咲 トウル 
  • 小学館 (2010年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094521795

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

プリンセスハーツ 〜これが最後の恋の巻〜 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • オズマニアの策略に反撃。ジル出生の秘密や「墓場」の謎が気になる。同世代に双子多すぎも何らかの理由があるのかな。それにしても「密接」に笑いが止まらないんですけど。

  • あらー!やりすぎでは、、、
    あまりにもこてんぱんにしすぎですよ大公妃よ
    ジギーは2役だったのか
    マシアスも帰れる場があるのが不思議
    いい具合にこんがらがって楽しい

  • こちらの方が先だったのね^^; 『~たとえ遠く離れていても~』を読んだ時に、マシアスがいたり、いろいろと「ん?」と思うことがあったけど、そういうものかと納得していたのですが、やっぱり物語は順を追って進んでいくのですよね。
    先が分かっているぶん、あまり楽しめませんでした。

  • 謎が少し解けたかと思えばそうでもない。それによって新たなる謎が引き起こされる。先が読めないわ。今回も大公妃ジルの頭脳戦お見事です。で、結局キキには会えず終い?再会する時は3姉妹同時?感動の再会を待ってます。

  • ジルの母クラレンシースの謎が明らかに!
    悲しいけれど、強く生きたんだと実感する。

    ジルとルシードは別行動だが、それぞれ成功をおさめる。
    ジルは緻密な下準備の末、ルシードは天性の人たらしをもってして。

    次巻では、〝墓場〟の謎がやっとわかる模様。
    待ち遠しくてしかたがない。
    しかし、双子が多すぎるだろうというのは、読者のみならずジルも思っていたんだとわかって納得。

  • ついに解答編きたー。まだまだ謎は残ってるけど、かなり判明して面白かった!壮絶な人生送ってる人が多い。オズマニアの王に放ったあの言葉が笑ったwというかジルえげつなくて素敵だったわ~

  • ハクランとアレットの話が切なくてとてもよかった。主人公二人は離れてしまってるけど、お互いを思う気持ちが温かい。マシアスお帰りお帰り!!嬉しい。オズマニア親子は凄いひどい目に合われている(特にお父様)が、ジルの手腕に惚れ惚れした。容赦なく格好いい!んで結局姉妹は会えないままなのかな?

  • 離れていてもラブラブしている二人を見ているとニヤニヤが止まらない…。

    ジルの巡らせた作戦が成功し、オズマニア親子をぎゃふんと言わせたところは胸のすく思いでした。「私のルシードを見くびるからです。ざまあみなさい!」のジルが素敵過ぎました。本当にいいコンビですね。仮面夫婦からおしどり夫婦に大変身。

    シリーズを通しての謎も解き明かされつつあって、さらに続きが気になる。

  • 9巻目。
    前巻でせっかくいい感じになりかけたところだったのに、ジルはヴィスタンシア、ルシードはパルメニアのシングレオ騎士団の元へと離ればなれです。

    この巻の最初は、ヴィスタンシアの王様ハクランの回想から入るのですが、これはキキに語った内容なのかな?後半ジルにも語った内容は、同じような内容だと思います。

    ジルとルシードの話がかわりばんこに入るのですが、ジルはオズマニアの親子の策略を見事に低予算で阻止したところは見事です。ルシードもシングレオ騎士団の元で、元の僧兵に戻ったマシアスと再開し、しかもシングレオ騎士団も手に入れることに成功です。男たらしは健在ですね。

    シングレオ騎士団のところにあるエヴァリオットを手に入れることができるのかと思ったのですが、これは無理でした。でも、この剣もジルがミゼルコリドを連れてきたらOKになるのかしら?

    ジルの母と姉妹が実はヴィスタンシアの王妃と王女だってことは、これまでの流れでなんとなく想像はできていたんですけど、ジルは違うんですね。ジルが王女だったら、パルメニアを手中におさめたあとのルシードとの結婚は、問題なさそうなのに。

    あと、ジギーの正体も判明です。
    彼の正体が分かっていたら、オースをはめるのも訳なかったでしょうって感じですが、ルシードがこのことを知ったら、またヤキモチやきそうですね。

    一気に話が進んでますが、次巻では「墓場」の謎とかが解けそうです。
    ジルとメリルローズの関係とか、今のメリルローズがルシードのことをどう思っているのかとか、まだまだ気になるところがたくさん残ってます。

  • 最後の一発逆転におおっ!となりました。伏線がたくさんあって、繋がった瞬間がす毎回っきりして好きです。
    離れていても夫婦仲は円満なようで微笑ましいです。

  • 冒頭のハクランの話がすごく良かった。

  •  オースざまぁw
     コホンッ。プリハーもついに最終章突入です。オズマニアはまたしてもジルに一杯食わされましたね。ジルの出生の秘密も徐々に明らかになってきて、次回も本当に楽しみです。しかし何故かメリルローズが某白シリーズのお嬢様とローズ繋がりでダブってしまって、きっと腹黒でどうしようもない娘なのだろうと…期待しております。

  • いろんなことが一気に明らかになっていって、「おおおそうだったのかー」ということが多い巻でした。

    でも、まだまだわからないことも多い・・・。
    パルメニアの王様と王女さまがなに考えているのかが一番わからんなー。

    ということも次第にわかってくるんでしょうね。

    しかし、ママの経歴がすごすぎるよ。。。

  • 離ればなれのジルとルシードは、それぞれの得意分野で頑張ってます。でも、時折あの夜のことを思い出すところに萌えてしまいます~。
    物語は、ジル達3姉妹の出生秘密が明らかになり始め、まさかの展開にこれからも目が離せないです。行方不明だったマシアスもパワーアップして合流しますし、彼がジル達に昔から関わっていたことも明らかになり、本当にクライマックスに入ってきたんだな~という感じ。
    今回、一番かわいそうだったのはメッキ王とその息子。いやぁ・・・こてんぱんですね。でも「私のルシードを見くびるからです。ざまあみなさい!」って、ジルかっこよすぎです。はやく二人の時間を取り戻せるよう応援したくなりました。

  • ジルとその周りの人の過去が徐々にあかされつつあります。

    グリフォンが何者なのか、ジギーとの関係、メリルローズとゾルターク王とは?“墓場”の謎。これらが今後あかされます。

    楽しみだけど、終わるのは残念だ…。

  • 2010/12/1 23:38

全19件中 1 - 19件を表示

プリンセスハーツ 〜これが最後の恋の巻〜 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プリンセスハーツ 〜これが最後の恋の巻〜 (ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プリンセスハーツ 〜これが最後の恋の巻〜 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリンセスハーツ 〜これが最後の恋の巻〜 (ルルル文庫)の作品紹介

パルメニア王冠を目前についにシングレオ騎士団攻略へ歩を進めたルシード。世界会議の舞台で自分の正体を知る他国王たちに挑むジル。"あの夜"の約束を胸に、それぞれの戦いに乗り出した二人だが、大公夫婦のいないアジェンセンにはオズマニアの脅威が迫り…!?さらに姿を消していたマシアスも再登場!ジルとルシードに協力していた理由もついに明らかに…!王宮ラブロマン、いよいよ怒涛の最終章へ突入。

プリンセスハーツ 〜これが最後の恋の巻〜 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする