聖グリセルダ学院の事情 (ルルル文庫)

  • 111人登録
  • 3.72評価
    • (5)
    • (21)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 鮎川はぎの
制作 : 凪 かすみ 
  • 小学館 (2011年1月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094521832

聖グリセルダ学院の事情 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒロインが元暗殺者(の卵)で学園モノ…?となったが、違和感なく読めた。
    ヒロインは素直でいい子で、ちゃんと自分から行動する。ヒーローは不良だと思いきや面倒見が良く優しくてどっちも好感が持てる。他の主要メンバーも素敵。
    こういうヒーローはくっつくとただただ甘くなるから、続きはどうなるかなあ。

  • 王道な学園ファンタジー。王道なんですが、キャラも嫌味がなく悪くなかった。

  • 鮎川はぎのさんが好きで買っちゃった作品。

  • 学園モノを読みたいなぁ・・・と思って選んだのだけど、舞台が学園なだけで、あまり学校という雰囲気じゃなかった。 長く続いた戦争の間、優秀な暗殺者を輩出していた村に生まれ、その為の教育を受けてきたのに、突然平和が訪れて「暗殺者」としては失業してしまった村。そんな村から新たに「護衛」という命を受けて学園に入ってきた女の子が主人公。でも、まだ護衛対象のお嬢様が学園入りしておらず、そして現れる前に一巻終了(笑 サラッと気軽に読めるし、今後の展開に期待。

  •  暗殺者と言えば沈着冷静、普段は虫も殺さぬような顔をして一般社会に紛れ込んでいる……などという姿を想像してしまうが、ヒロインのティエサはそこからほど遠い。何しろ覆面を付けるのが当たり前の生活だったので、髪で顔を隠さないと前も向けないし、廊下の真ん中を歩くなんてとんでもない。
     一般者ぶろうとしても、身振りや反射神経は一流暗殺者のソレ、なにやらおっかないキアス王子には怪しまれまくり、そんな中まるで暗殺者に殺されたような死体まで出てくるのだから、たまらない。早速怪しまれたティエサは涙目になりながら汚名返上のため、捜査を開始しワルツを踊る! な作品。
     とにかくヒロインのわたわたぶりと、王子マジ王子と言いたくなる、キアスくんのイケメンぶりを楽しむ作品と言える。司法や教師たちが気づかぬ真相に一般生徒があっさりたどり着くのは……と思ったけれど、ティエサの回りに「一般」生徒は一人もいないので無問題だった! 直向きに頑張る内気ヒロイン(特技:暗殺術)を応援したいと思うあなたにお勧めしたい本です。

  • 基本に忠実な感じのツンデレさんが出てきたり、ありがちな感じはあるものの、キャラクタが皆可愛くて好きです。
    ストーリーが結構纏まっていて、一話完結方式なのが嬉しい。

  • 鮎川はぎのさんの新シリーズ。
    世界観は前作の「横柄巫女と宰相陛下」と同じで、「横柄巫女と宰相陛下 王宮は秘密だらけ! 」に出てきていたアロルト王子の母国、サディル王国ですが、時代はかなり後のようです。

    「聖剣の巫女」とかサディル王国の星獣「優美なる白鳥」も出てきてて、星獣が巫女にけちょんけちょんに言われてるのが、面白いです。

    主人公ティエサもかわいいし、相手となるキアスもツンデレぶりも一見非の打ち所がない感じのネージュの変人さも、なかなかツボです。

    暗殺未遂事件は解決しましたが、ティエサがキアスへの気持ちには気付かないまま終わってしまいましたので、次巻に期待です。

  • すごく面白かった!暗殺一族出身でありながら気が弱い女の子とか最高だ。超かわいい。

  • -

    2011/2/27 23:26

全12件中 1 - 10件を表示

鮎川はぎのの作品

聖グリセルダ学院の事情 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

聖グリセルダ学院の事情 (ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

聖グリセルダ学院の事情 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聖グリセルダ学院の事情 (ルルル文庫)の作品紹介

殺るしかない-そんな生活が一変!?暗殺者一族に生まれた少女ティエサが16歳のある日、内乱だらけのサディル国はとても平和に。暗殺稼業は廃業となり、ひょんなことからティエサは、貴族の師弟の通う聖グリセルダ学院で過去を隠して寮生活を送ることに。野性的でツンツンな王子キアスは、ティエサの素性を探ろうとするうち意外にも…!?トキメキの恋とアヤシイ謎がいっぱいの学院ロマンミステリー。

聖グリセルダ学院の事情 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする