幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)

  • 189人登録
  • 4.11評価
    • (33)
    • (36)
    • (20)
    • (0)
    • (1)
  • 23レビュー
著者 : 宮野美嘉
制作 : 増田 メグミ 
  • 小学館 (2011年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094521931

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 句読点が多すぎ

  • 天涯孤独の美少女たる主人公は、婚姻するため
    元婚約者の家を出る。

    いやすごい…。
    健気に耐える系かと思いきや、数ページで裏切られ
    さらに斜め上の性格を突き進む主人公。
    人によっては幽霊よりも怖いものはありますが
    もうちょっとこう…常識はどこへ?w
    出てくる人物の中で、まっとうそうなのは子供かと。
    この反抗期真っ最中! という反応が普通です。

    共感できないわ、突っ込みがいがあるわ、な主人公。
    別の意味ではらはらどきどきさせてくれます。

  • 強かで破天荒で芯のしっかりした主人公、とてもよい。

  • ヒロインが素敵に強いのが良かったです。
    いがいとツボは息子かも。

  • ヒロインが良い。挿絵の笑顔が何だか怖くなってしまうが、それも合わせて素敵。

  • 第五回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門ルルル賞&読者賞W受賞

    シリーズ1作目

  • 物腰は柔らかではありながらも、かなり強かなサアラが大好きです。
    非常におもしろい作品でした。

  • 主人公が、健気や可憐とは程遠く、悲劇のヒロインにはなりえないであろうという性格だと思いました。それなのに最初に相思相愛の婚約者と離れ離れになるというシーンで始まっています。なかなか引き込まれ、一気に読み切ってしまいました。絵も私的に素敵でツボだったのでシリーズをこれからも買おうと思っています。

  • 天涯孤独の美少女サアラ。彼女は、幽霊伯爵と呼ばれるコルドン伯爵の17人目の妻として幽霊の出る城に嫁ぐことになる。

    サアラ……すごい主人公だと聞いていたけれども、ここまでとは。
    ここまでくると嫌みも感じず、むしろすがすがしいです。
    お決まりパターンも混ぜつつ、楽しく読めました。サアラのお嬢様口調がツボです。

  • あまり期待せずに読み始めたのだが、予想以上におもしろかった。

    “「私にとっての幸せとは、私が私であることを後悔しないということです。」”というセリフの通り、主人公のサアラは、運命に屈することなく、傲慢なほど毅然としている。

    彼女にとって、同情や憐れみを受けることは屈辱なのだ。
    そういうサアラが、潔く、且つ危うくて目が離せない。

  • 物語のアイデアが面白かったです。
    途中途中のアウラのセリフでぐっとくるものがあってなかなか面白かったです。こんな主人公もいいかも、と思いました。

  • 侯爵家の血を引く、天涯孤独の美少女サアラ。彼女は、身を寄せる遠縁の家の息子と婚約していたが、幽霊伯爵と呼ばれるコルドン伯爵の17人目の妻として嫁ぐことに! 更に嫁ぎ先は、墓地に囲まれ夜な夜な幽霊が現れるという場所で!? 妻に無関心な夫、何故かよそよそしい使用人達。ところが、サアラはのびのびと毎日を満喫し、逆に夫を翻弄して……!? 美しく強かに、少女は恋と幸せをつかみ取る!
    (アマゾン転載)


    サアラの人生哲学が素晴らしいです。
    すごい肉食系だし、笑!
    こういうタイプの主人公は少女小説で珍しいですね。

    幽霊の話は、添え物程度かと思ったんですが意外と面白い!
    ゴースト繋がりでメグ・ギャボットのメディエータを思い出しました。

  • いやぁ、面白かった!!
    買うときに帯を読んでみると
    「私、あなたを全然、まったく、少しも、好きではないんです」
    の文字に思わず笑ってしまいましたw
    実はまちがえて、2巻を先に買ってしまっていたので、
    このセリフの帯には驚きましたw
    読み進めていくと意味もわかるのですがw
    とにかく、サアラの言動が・・・w
    自分が美しいことを理解しているところがまたよかったですw
    ではではノシ

  • “「それは無理だ」
    ジェイクは今までにないほど、強くはっきりと即答した。完全な無表情を貼り付けて、何を考えているのかなど欠片も覗かせなかった。言葉の強さに驚いたのか、エリオスも驚いた顔でジェイクを見上げた。
    「私はきみを幸せにはできないよ。私は人を不幸にする性質の人間だ」
    ジェイクはそう続けた。サアラは自分の言葉が、歪んで伝わってしまったことに少しがっかりして、口を尖らせた。
    「私は幸せにしてほしいなんて、一言も言っていませんわ。私は幸せになりたいのではなくて、幸せでありたいんです」
    言葉遊びのようで意味が分からなかったのか、ジェイクの無表情に少し不可解な色が混じった。サアラは胸に片手を当てて、堂々と言ってのける。
    「昔も今も変わりなく、私は充分幸せです。ただ、最期の時まで幸せであり続けるために、私は与えられた状況の中で、最善を尽くしたいのですわ」
    力強くサアラが言い放つと、ジェイクは何だか不思議そうな真顔になった。
    「きみにとっての幸せとは、何だ?」
    そんなことを聞かれるとは思わなかったので、サアラは少しびっくりして目を見開き、ジェイクを見つめた。そしてにっこりと微笑む。
    「私にとっての幸せとは、私が私であることを後悔しないということです」”

    新鮮。
    主人公の性格が何より新鮮。
    すっきりするなー。
    傲慢にも生意気にも性格が悪いようにも見える本音を隠さないずばっとした物言い。
    自分が美人であることさえも武器に使うような。あと人を観察するのに長けている。
    この世で一番恐ろしいものは生きている人間でそれは誰しもが残虐にさえなれる『悪意』を持っているからで。
    けれどそれと同じくらいに人間は優しさを愛情を持っているから生きている人間を好きになれる。
    達観してらっしゃる。
    ジェイクの性格も良いなー。優しい人だ。

    “「ねえ、ジェイク様。私を不幸で可哀想だとお思いになる?」
    最初と同じ質問に、ジェイクは難しい顔をして考え込んだ。
    「………それはよく分からないが……君がとてもずるくて強かな人間だということは、よく分かった」
    そんなことを言う。意外な事を言われてサアラは頬杖をついたまま首をかしげた。
    「まあ……、ずるいですか?」
    傲慢とか、生意気とか、性格が悪いとかは言われたことがあるが、ずるいと言われたことはあまりない。不思議そうに眉をひそめたサアラに、ジェイクははっきり言った。
    「きみはずるいよ。幼い頃の傷や痛みを武器にして相手を攻撃している。そんな……自分をも傷付けるような武器を使う人間など、そうはいない」
    そう言いながらも、ジェイクの口調に責める気配はなかった。
    サアラは誇らしげに指先を自分の胸に当て、凄艶な笑みを浮かべた。
    「ええ――私、使えるものなら何でも使って戦いますわ。だって、私は私しかもっていないのですもの」
    他のものなど、もう何一つ持っていない。だから、傷だろうと痛みだろうと、使えるなら使う。
    「強かだな」
    ジェイクは呆れたようにつぶやいた。”

    20160803 再読

  • キャラクターが物語を牽引するとは、こういうことなんだなぁ。
    目から鱗というか…いいものを読ませてもらいました。もちろん話の完成度や伏線の張り方もしっかりしていて、ピースが何気なく嵌る一瞬が小気味良い。新人さんながら過不足のない非常に読み進めやすい文章であることも相まって、すごく楽しい読書だった。
    「ん?」と思う所は確かにあるのだけど、そこで引っかかると一気にすべてが白々しく感じてしまう危険性さえも孕んでいる違和感の余地だってあるのだけど。
    自分の全てを肯定したいと言いしたたかに生きるヒロインが私にとっては大変魅力的だったので、最後までページをめくる手が止まりませんでした。本当に、こういうのって好みの問題なのかも。

  • 無表情の仮面をかぶる伯爵と、笑顔の仮面をかぶる伯爵家の血をひくサアラ。サアラが強かで、でもどのような境遇でも前向きに生きている姿は、なかなか好感度は高かったです。(ある意味腹黒いとも言えますけど)。

    無表情の伯爵に感情を戻させたサアラ。彼女の歌は幽霊達の支持もあるから、今後はよい妻となりそうですね。

    最後で1個気になったのは、エリオスの母は誰なんだろうってところです。16人も妻がいて、そのうちの一人が母なのかなあ。

    続きも読んでみたいです。

  • ヘタレ伯爵と無鉄砲嫁。


    ルルルらしい素直なお話。
    二人の夫婦生活も気になるけど、エリオスの出生についても気になる。

  • 2011/06/27:ヒロインの性格が前向きな強かさで良かったです。

  • 2011/7/13 21:33

全23件中 1 - 23件を表示

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)に関連する談話室の質問

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)に関連するまとめ

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)の作品紹介

侯爵家の血を引く、天涯孤独の美少女サアラ。彼女は、身を寄せる遠縁の家の息子と婚約していたが、幽霊伯爵と呼ばれるコルドン伯爵の17人目の妻として嫁ぐことに!更に嫁ぎ先は、墓地に囲まれ夜な夜な幽霊が現れるという場所で!?妻に無関心な夫、何故かよそよそしい使用人達。けれど、サアラはのびのびと毎日を満喫し、逆に夫を翻弄して…!?美しく強かに、少女は恋と幸せをつかみ取る!小学館ライトノベル大賞ルルル賞&読者賞W受賞作デビュー。

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫)のKindle版

ツイートする