初・恋 (ルルル文庫)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 智凪桜
制作 : くまの 柚子 
  • 小学館 (2011年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094521986

初・恋 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 浅井3姉妹の真ん中、初姫の恋のお話。
    史実でもちゃんと高次の正室になってて、高次さんは、姉や妻の光で出世した「蛍大名」なんて言われたりしてたみたいです。

    最初の方はぶっきらぼうな感じで書かれてる高次さんですが、初のことを好きと自覚してからは、無茶苦茶です。初の結婚相手である秀次の前で、初にキスしたり、秀次に攫われた初を盗賊のように奪い返しに行ったり、若いからといって、危なすぎ。

    まあ、こっちは最後まで離婚して戻されるということがないぶん、ハッピーエンドのところで終わってるのは、いいかな。

  • 浅井3姉妹の真ん中のコの話・・・(だったよな?)。
    お初っていまいち影薄いというか・・・一般の人の印象にあまり残ってないんじゃないかなーと。
    京極高次(だよねぇ?相手は)も面白い書かれ方で。

    ちょっとだけ歴史好きな私でも、初を取り上げたものを読んだことがなく。
    ましてや結婚相手の京極高次なんてもっと知らないわけで。

    これを機に、何か文献探して読んでみようかなぁ・・・という気に、ちょっとだけなった。

全2件中 1 - 2件を表示

智凪桜の作品

初・恋 (ルルル文庫)の作品紹介

浅井家の三姉妹、次女・初の恋物語。戦国時代だもん、玉の輿に乗らないと生きていけない。だけど、そんな初が初めて恋した相手は、名門は名門だけど、今は貧乏な武士、京極高次。一方、高次は、姉や妹、母親達に毎日、「いいかげん京極家の為に働け」と尻をたたかれ、すっかり女性不信に。そんな2人の恋の行方やいかに…!?戦国ラブコメディー、とびきりのクライマックス。

初・恋 (ルルル文庫)はこんな本です

初・恋 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする