プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)

  • 111人登録
  • 4.29評価
    • (20)
    • (15)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 高殿円
制作 : 明咲 トウル 
  • 小学館 (2011年12月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522099

プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 終わってしまったー!
    さみしい
    副題が良すぎる
    カリスマがある人は素敵な人生を送ると思うけど、残される側にもなりうるとはねぇ
    さみしい
    やっぱり廃園のところがぐっときた
    ロレアンこそ騎士のようだったなあ
    長く生きられないし、精霊のためにも死になさい、という価値観を、実は敵のエクラムが否定しているところから物語が始まっていたことが面白い
    リドリスのような、歴史の影に隠れた真実はきっと隠されたまま忘れられて行くんだろうな
    リュリュカがかわいいところがとても良いバランス
    いいんだ、お約束でも、彼が幸せになれればそれでよい、と皆思って読んでいるはず

  • もう一気に読みました。
    リドリスとルシードの対決、ジルとメリルローズの対決を想像していたのですが、そんな戦々恐々とした展開にはならなかったですね^^; 予定調和というか、丸く収まったという気がします。
    ジルとルシードも結局は落ち着くところに落ち着いて良かったです。でもまだ安心は出来ないですね。いつかジルの性別が変わってしまうかもしれませんものね(笑) もしそうなったとしてもルシードはジルを大切にすると思います。

  • 感動の最終巻でした。リドリスもメリルローズも悲しい終わり方でしたが、人生を自分でデザインして生き切ったと思います。急ぎ足の展開の最終巻だったので、もう少しあの人この人の逸話を詳しく知りたい点が多々ありますが、全巻通してシリアスとコミカルのバランスも取れていて大好きなシリーズとなりました。

  • プリハ完結。ハッピーエンドで終わって良かった。
    しかし、この後の息子・孫は…。

    すべての人が完全に幸せになるわけではない。
    そんなパルメニアシリーズのお話が大好きです。

  • プリハー完結。
    うう、やっと終わった、よかった…。

    最初、ルシードには味方が少なすぎるとジルは心配していたのに、終わってみれば、こんなにたくさんの味方が!

    自分の血統や信条やいろいろなものにとらわれて、そこから抜け出せなかった人々。
    それが、親世代とするなら、ルシードたち子供世代は、変えられないような運命まで打破し、自分の人生を生きたと言えるのだろう。

    それにしても、人間関係が複雑で巻末の人物相関図を見て、うなってしまった。
    ここにはいってこないのって、オズマニアの親子くらいか?

    そして、やはり外伝が出ればうれしい。
    『ヘンテコ夫婦のパルメニア王宮日記』ぜひ読んでみたい。

  • 完結。リドリスそこまでするか!(泣)付け加えられた刺繍の文字にぐっときた。ルシード精神的にかなりぼろぼろだけど、それでも立ち上がってくる彼に、皆付いていくんだなぁ。そして念願の初夜!ここに来るまで長かった!もうリュリュカの叫びが凄くよくわかる(笑)。ラストしんみり終わるかと思いきや、さすがジル。巻末の見開きイラストに和んだ。ぎゅっと詰まった濃い1冊であった。簡潔にまとめられちゃった脇キャラ達の外伝も是非読みたい。「ヘンテコ夫婦のパルメニア王宮日記」だって読みたいよ!

  • 王座奪取へ邁進するルシードに贈られる、リドリスの、メリルローズの、そしてジルの贈り物。全ての謎が明かされる。

    王宮ロマンというよりは、王宮コメディでは?という感想です(笑)
    怒濤の展開に駆け足気味だったのが否めず……残念です。もっと読んでいたかった。
    皆さんが言うように、短編集としてもろもろのエピソードが入った外伝が見たいです!

  • アぁ…終わったなぁ。結局、完全なる悪者も居ず何だか物悲しい気分になっちゃったな。色んな人が去って切なかった。最後あのままだとどうしようかと思ったw良かった;;そういや近親ばっかだけど大丈夫なんかいw

  • 全11巻。

    誰もが英雄を愛するけれど、英雄は英雄で居るため、彼らは去り、英雄は孤独にさいなまれる

    な話。

    想定内などんでんがえしも2個3個あるも、大団円。

  •  プリンセスハーツ最終巻。

     重ねられてきた物語は収束し、主人公たちのみではなく様々な登場人物たちの愛のかたちが美しくも哀しく浮かび上がる。

     気になるのは、このプリンセスハーツと遠征王の間に何が起きたのか、だが、それが語られることもあるのだろうか。

全22件中 1 - 10件を表示

高殿円の作品

プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)の作品紹介

『ルシードはアジェンセン大公の血を引いていない』その秘密を知ってなお、支持すると言ったはずのリドリスの裏切りに、意気消沈するルシード。一方ジルは、ジョングー=ガーグと共にテジムに捕らえられてしまっていた…。王座奪取へ邁進するルシードに贈られる、リドリスの、メリルローズの、…そしてジルの贈り物。全ての謎が明かされる中、ふたりの運命は!?王宮ロマン、グランド・フィナーレ。

プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)はこんな本です

プリンセスハーツ―大いなる愛をきみに贈ろうの巻 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする