八百万の恋わずらい (ルルル文庫)

  • 41人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (10)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : みどうちん
制作 : くまの 柚子 
  • 小学館 (2013年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522464

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 独特の笑いのセンスのある、みどうちん様。
    今回は、割と万人受けしそうな王道ラブコメ。

    終わらせるつもりのない婚活をしようとするバイロン
    一生懸命、彼を幸せにするために奔走する彼女に、罪悪感を感じる彼。

    そんな彼の矛盾した気持ちが、結構ぐっときて楽しい。
    馬鹿カップル成立のキラキラ状態が、まぶしくて、目を覆いたくなる…
    「それやばいっす」 側近イェン談

    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-2821.html

  • 全然期待していなかったんだけど、思っていた以上に面白かった。ちょっとずれた方向に一生懸命なヒロインと、色気ダダ漏れなヒーローは割と好きです。
    ってか、神様が婚活……。斬新すぎる。

  • 思ったより面白かった。リーファがとにかくいい子で、それも鼻につくほどではなく。これはバイロンも好きになるだろうと納得の可愛さ。その反動なのか、ライバル役の女の子は凄まじかったです。あそこまでいくと、もう精神的な病気なんじゃ?と疑い始めるほどのヒステリー。振り幅すげぇ。
    この作者さんの作品は結構好きなので、続きが出たら読んでみたい。

  • 神様も婚活するのかって思いながら、「縁結び」ならぬ「縁壊し」と呼ばれるリーファを選んだ、龍神のバイロン。

    リーファを利用して、終わらない婚活をしようとしていた腹黒バイロン様ですが、リーファに惹かれちゃって、最終的にはジンエンが最初に言ったとおり、痛い目にあっちゃってます。特にリーファへの恋心を自覚して、アプローチしているのに、それが全然リーファに届いてないってところがなんとも言えません。

    バイロンとリーファが思いを通じ合ったあとのいちゃつきぶりは、ジンエンでなくてもイライラしちゃいそうですけど、次巻もあるので、楽しみにしています。パオとイェンも意外といい感じになりそうって思うんですけどね。

  • 熱意は120%、けれど成功率0%の婚活導師リーファ。そんなリーファを婚活導師に指名したのは龍神のバイロン。身分の高いバイロンからの婚活依頼に喜ぶリーファだけど、バイロンは実は結婚したくなくて・・・。

    神様すらも婚活(笑)面白い設定に惹かれ、購入。王道な展開で先は読めてしまいますが、ラストまで楽しく読めたから良し。くっついてからの甘々すぎる展開はちょっとなぁ~と思いつつ(笑)まさに「砂糖菓子に糖蜜ぶっかけて粉砂糖まぶした」ようなww(ジンエン談)2巻も発売しているけれど、延々あの甘さを見せつけられると何だかなぁ~と思いながら、読むのを迷い中(笑)バイロンがリーファの可愛さに悶絶するあたりは読んでてとても楽しかったですww

  • 頭いい天然系リーファと、笑顔で腹黒を通すバイロンのカップリングは面白かった。特にバイロンの悶絶シーンが(笑)。自分の嘘が綺麗に裏目って寸止め、正に天唾です。しかし、リーファのキャラとカップル成立後の二人のいちゃつき方的に、一作読み切りが妥当な気がするんだが、二作目出てますよね~とか、どうでもいいところが気になった。一応、電書化されたら読みますが、ちょっと嫌な予感はしなくもない。

  • くまの柚子先生の表紙に惹かれて購入(*^-^*)
    面白かったですね~
    主人公の性格もそうですが、相手役のバイロンの性格がツボにハマりました(●´∀`●)

    二人の感情の移り変わりが上手く描かれていて、キュンキュンしながら笑っちゃいましたw

    続編も読んでみたいと思いました(*'▽'*)

  • くまの柚子氏のイラストに惹かれて購入しましたが、予想以上に面白かったです。

    タラシの龍神のヒーローが、前向きで何事にも一生懸命な巫女のヒロインに少しずつ惹かれていくお話は王道展開で好感が持てました。
    とにかくヒロインのリーファが可愛い♪

    1冊読み切りでもまとまったお話でしたが、出来れば続編が読みたいと思いました!

全8件中 1 - 8件を表示

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)の作品紹介

神々の婚活を支える-八百万神教団の結婚相談省。そこで働くリーファは、能力は高いものの頓珍漢な婚活支援で『縁壊し』とまで呼ばれる落ちこぼれ巫女。そんなリーファが、高貴な龍神様の婚活導師に指名され!?「神の直感だ。彼女はきっと私を幸せにしてくれる」そう言ってくれた美貌の龍神バイロンのため、リーファは最高の花嫁探しに奮闘するが…?純粋ド天然巫女と、結婚したくない腹黒神様との婚活ラブコメディ。

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)はこんな本です

八百万の恋わずらい (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする