幽閉王子の恋ぬけ道 (ルルル文庫)

  • 23人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 斉藤百伽
制作 : 山下 ナナオ 
  • 小学館 (2013年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522587

幽閉王子の恋ぬけ道 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 厄災の王子として山のてっぺんに幽閉されていた第二王子のアキが「移動の神具」を使って出かけた先で出会った偽巫女のフィリア。

    出会いは最悪ながらもだんだん惹かれていってっていう、よくある展開でしたけど、アキが気持ちダダ漏れ王子でフィリアへの恋心がフィリアにバレバレだったり、フィリアがアキの気持ちに先に気付いていて、いつ自分への恋心を自覚するのかって思ってたりするのは新鮮でした。

    フィリアが探し人のカイランに再会したときの行動やフィリアの錫杖には驚きましたけど、偽巫女ながらも普段の行動は本物の巫女のようだし、アキをちゃんと認めているところとか好感がもてました。

    最後にはうやむやな中で結婚しちゃったし、あのバカ王太子も意外といい人だったしで、めでたしめでたしって感じでしょうか。
    山下ナナオさんのイラストとも合っていたと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

幽閉王子の恋ぬけ道 (ルルル文庫)の作品紹介

魔法の神具でお忍び外出、のち恋!?

10歳のときに「20歳になるまでに厄災を招く」と予言され、以来幽閉されている第二王子アキはもうすぐ18歳。あと2年が待てなくてイライラ。看守から「移動の神具」を奪い、お忍びで街へ出かける。
そこで出会ったのは、清らかで天使のような美貌ながら、口八丁でエセ祈祷をしている偽巫女フィリア。
世間知らずで純朴な王子と、嘘が得意で機転が利く巫女が、ワケあって共に旅をすることになり…
王子の予言と巫女の探し人、魔法の神具が絡まり合う、ロード・ムービーふうファンタジック・アドベンチャー・ロマンス!

幽閉王子の恋ぬけ道 (ルルル文庫)はこんな本です

幽閉王子の恋ぬけ道 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする