かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)

  • 83人登録
  • 3.56評価
    • (5)
    • (11)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 深山くのえ
制作 : 由羅 カイリ 
  • 小学館 (2013年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522594

かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 奈良時代を舞台にしたラブストーリー。
    イラストは、恋愛ゲーム「アンジェリーク」シリーズで有名な由羅カイリ先生。

  • 一巻はふたりの出会いと恋の成就までですが、ありとあっさりとくっついてしまい、ちょっと拍子抜けだと感じつつ、続刊の波乱の展開に期待したいストーリー

    今夜は帰したくないなどと、ぎりぎりの線で、やったのか、やってないのか?よくわからないォ
    そこんとこ、大事よネ?
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3070.html

  • 2013年12月:図書館より借りて読了。
    奈良時代の薬師と皇族の青年の恋話。

  • 好きな作家と好きなイラストレーターのタッグに思わず購入。ほぼジャケ買いな割りには、良かった。

  • 平安時代かと思いきや奈良時代の話でした。
    深山さんの新シリーズ開幕。やはり安定感のある面白さ。ただ漢字の読み方に慣れず、序盤は何度もページを戻って読みを確認しながら読んでたのでちょっと疲れました。でも途中からは自己流で読み始めてた(笑)

    主人公は真面目で感情表現がちょっと苦手な薬師の女の子・真那。相手役は臣籍降下した元皇族の一族で内舎人の八尋。ある日、怪我をして倒れている八尋を介抱した真那。その後、偶然にも八尋と再会するが、彼の高貴な身分を知り思わず気後れしてしまう。八尋の気さく態度と優しい接し方に惹かれていくが、真那は自分の想いに素直になれない。そんな中、真那が勤める薬司から毒の実が消えていることが発覚し・・・。

    イラストが由羅さんだということにまず驚き、でも私的には綺麗で話の内容にも合っているし、実にしっくりきました。八尋がイラストでは押しの強そうなオレ様系かと思いきや、文章を読んでいくと気さくで人懐っこい感じなのでちょっと違うかな?と思っていたのですが後半はやっぱりそうなのね、という感じで良かったです。毒の実が消えた事件については早い段階で犯人の予想はつきましたが、押勝のこととか宮廷でのいざこざとかまだまだ問題はいっぱい起こりそうな感じなので続きますよね?
    雨の中、真那を帰したくないと焦る八尋と、その後の強引さとのギャップにキュンキュンさせてもらいました。続きが出るようなら想いを通じ合わせた二人のラブラブな様子がまた読めるのかな?発売を楽しみにしておこう。

  • 深山さんの新作。しかも奈良時代。これは期待ですね!
    奈良時代と言うことで、桜嵐と時代とか雰囲気が近いのですが、どちらかと言えば桜嵐より明るい雰囲気。
    主人公は無愛想だけど堅実そうな子で、暗い過去でもあんまりくよくよしてなくて読みやすかったです。
    お相手も真面目な好青年な感じ?少なくとも雅遠より真面目そう。雅遠も好きだったけれど。
    長編っぽいので、なんちゃって奈良政治を面白く見せてくれるのではないかとこれからに期待!

    それと、表紙が由羅さんで驚きました。
    このレーベルでは若い子向けにキラキラ絵で行くのかと思ったんだけど、こっちの方が世界観あってるし、すごく嬉しいです。
    作家買いする人が多くて表紙はなんでもある程度売れるから、新規層を狙いたかったのかと邪推してみたり。
    彩雲国のように幅広い層を狙ってるのでしょうか。

  • 奈良時代でお姫様と皇子様ではない、一般人という設定は珍しいかなって思いながらも、やっぱり深山さんの作品はおもしろかったです。

    キャラ紹介のところの八尋のイラストを見ると、ちょっと押しが強そうな感じがして、話し方とイメージが合わない感じはしましたが、最後に自室に連れ込んで・・・ってところはイメージ通りかなぁなんて。
    門が閉まったから真那と一晩過ごせるなんていう期待を持っていたのに、薬師だと門を通れるって聞いたときの八尋の切羽詰まった感じがちょっとかわいく思いました。

    恵美押勝とか大伴家持とか、昔日本史の教科書で見た名前だなって思いましたが、どんな最期だったかは覚えてなくて、続き楽しみにしています。

    「乙女なでしこ恋手帖」とか「愛染変化恋絵巻」は続き出ないのかなぁ。

  • 深山くのえ初の奈良時代物。ちょっとハードボイルド風味かな。
    真那の心配事と悩みも一応解決したし、八尋とも順調でめでたしめでたしだけど、シリーズ化されるといいな。

  • 新シリーズ(シリーズかなぁ?)来たー!


    今度は奈良時代か。
    あとがきにもあるように、虚実入り混じった登場人物やねぇ。
    誰が実で誰が虚か、最初から探しながら読んでしまった(笑)

    真那と八尋、これからどうなっていくのかなー。

全12件中 1 - 10件を表示

深山くのえの作品

かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)の作品紹介

万葉の世に甘く激しい運命の恋がはじまる!

奈良天平の世。政情不安を抱える都の後宮で働く薬師の真那は、ある日、怪我をした青年・八尋を助ける。再会した八尋と惹かれ合う真那だが、実は互いに想いを交わせない事情を抱えていて……?
時の権力者の娘に仕える少女と、生き延びるため一族の心得を守る皇家出身の青年。偶然の出会いが二人を結びつけたとき、運命の恋が動きはじめる――。深山くのえ×由羅カイリの最強タッグでおくる、魅惑の万葉ラブロマン開幕!

【編集担当からのおすすめ情報】
「深山くのえ・作×由羅カイリ・イラスト」の強力タッグで、待望の新シリーズ開始です! 平城京を舞台に、運命の恋がドラマチックに展開! 甘くて美しいトキメキの恋物語がここに!

かぎろひさやか 玉響 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする