死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)

  • 38人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 宮野美嘉
制作 : 増田 メグミ 
  • 小学館 (2013年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522655

死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世間の常識からかけ離れまくっているヒロインと
    うっかり飼い主に昇格してしまったヒーロー。

    殺意が色でみえる、というヒロインなのですから
    人の心を絵にする、という人物がいてもおかしくない。
    とはいえ、絵そのものは見たくないです。
    ものすごくリアルに書かれていたら…怖すぎる。

    今回はお兄さんまで出てきているわけですが
    世間体、御苦労さまです、という落ちが。
    お子様から脱出したわけですが、もう片方は
    もうちょっと常識を入れないと先に進まない?

    とりあえず、色々平穏に終わって何より、です。
    事件の発端である、兄妹も…まぁお幸せに?

  • ユキハは放火の容疑をかけられ、退学させられそうに…
    彼女の容疑を晴らそうと、調べをすすめるジン。
    その一方で、ユキハの絵を書きたいという美術部員のタクマ。彼の描く絵は、心の中を描く…

    二巻完結。放火事件と、美術部員のタクマと、その幼なじみアヤとカツアキの兄妹の三人の関係の謎を解き明かすお話。
    手のかかりそうな、ユキハだけれど、ジンのほうが結構面倒な男のようネ。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3418.html

  • シリーズ2巻目。そして完結巻。

    「死にたがり姫」ユキハの前に彼女の絵を描かせてほしいという男子生徒・タクマが現れ、彼が描いた作品を見た途端、ユキハの様子がおかしくなる。一方、美術室で起こった放火の犯人だと勘違いされたユキハを実家に連れ戻そうとユキハの兄・ユヅキが学園にやってくる。ユキハの退学を阻止しようと放火犯人を捜そうとするジンだが・・・。

    前の巻でもぶっ飛んだキャラクターしか出てこないなと思っていたけれど、2巻目でもやっぱりおかしい人たちばかりが登場した(笑)
    奇妙な恐ろしい絵ばかり描く奇人男子生徒も、記憶を失った訳あり美少女も、明らかに怪しすぎる彼女の兄。ユキハの兄もまともなんだかどうなんだか。
    ラブ度は前の巻よりはだいぶ増えてました。
    噛みついたり、ちゅーしたりしてましたよ(笑)
    ユキハにとっては「殺してほしい」は「好きになってほしい」。
    ジンはユキハを殺したいほど好きになっていたことに気づく。
    死がふたりを分かつまで愛を叫んでくださいませ(笑)
    それぐらい2人とも愛を叫びまくってました。ブラックどこにいったんだ~ww

全6件中 1 - 6件を表示

宮野美嘉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)の作品紹介

ブラック・ラブコメ続編登場!

オルド公爵令嬢ユキハは「死にたがり姫」と呼ばれる変わった少女だったが、編入先でジンと出会い、いつか彼に殺されるためにジンの「猫」として生涯離れないことを誓った。
だがひょんなことから絵のモデルを務め、自分たちの関係の変化を描かれて動揺する。
一方ジンはユキハの兄・ユヅキがユキハを退学させようとする事態に直面していた…
謎の放火騒ぎで学園が混乱する中、ユキハは!? ブラック・ラブコメディ・コージーミステリ、続編登場!!

死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)はこんな本です

死にたがり姫事件譚 -狼に捧げる恋の話- (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする