かぎろひさやか 夕星 (ルルル文庫)

  • 54人登録
  • 4.06評価
    • (4)
    • (11)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 深山くのえ
制作 : 由羅 カイリ 
  • 小学館 (2013年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522686

かぎろひさやか 夕星 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 史実の人物を絡めての歴史に翻弄される二人を描く万葉ラブロマン。
    さらっと時代背景をかるくまとめると、現政権で勢力をふるう恵美朝臣押勝と天皇VS孝謙上皇(女性)と吉野真備(太宰府から戻った好々爺)という勢力図の下での創作。

    巻き込まれる真那と八尋の甘やかでありながら幸薄い雰囲気が好きだ。
    今後どうなるのか楽しみ。
    期待値を含めて、☆5で
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3372.html

  • 今回は主人公ピンチ編!
    このシリーズのヒーローはいまいち立ち位置がよくないのか、あまり活躍しなくてもヒロインが自力で立ち向かって行ってる・・・。
    頑張れ、ヒーロー!!いいとこを見せるんだ!

  • これ1巻目読んだっけ!?って一瞬思ってしまった(ちゃんと読んでました)。
    徐々に進展していく仲ですけど、どんな結末になるのかますます楽しみ。

  • 前回は押勝がターゲットだったけど、今度は押勝が上皇を狙う。
    孝謙・称徳天皇、吉備真備の時代か…そうとうな政治闘争があったんだよなぁ。それに巻き込まれていくのか…
    真那や八尋がどう関わっていくのだろうか。

  • シリーズ2巻目。
    恋人となり2人仲良く過ごす真那と八尋。けれど、そんなある日、東子の義弟・執棹が真那に目をつけ、無理やり自分のものにしようとする。そのことを知った八尋はある行動に移る。
    1巻のラストで恋人同士になったから始終ラブラブな状態かしら?と思いきやそうは問屋が卸さない(笑)強引すぎる男の登場で焦った八尋がぐいぐい行動に出始めた感じ。今回はその男もあっさり引き下がったけど、あさっり過ぎてまた出てくるんじゃないかと思ったり。
    中盤からは押勝と上皇+真備との戦いが勃発。真備けっこう好きだな。快活で飄々としたじーちゃん。押勝も腹黒さが隠せなくなってきてるかもね~ww恐いお人だわ。
    3巻ではどんな展開になるのか気になる。深山さんの話は安定して楽しめるから読んでて安心。

  • 2巻目。一気に読んでしまいました。おもしろかった。
    イラストは由羅カイリさんでしたが、中華風じゃなく奈良時代なので、いつもの「彩雲国」イメージはなかったかな。

    真那と八尋は互いに愛し合っているのに、2人の結婚を阻むのは、やっぱり恵美押勝の存在でした。彼の娘の東子は前巻では真那に味方してくれるのか分からないところがありましたけど、この巻では完全に真那に味方してくれてます。

    吉備真備も出てきて、彼と恵美押勝との関係なんかは忘れちゃったけど、こういう感じで2回も遣唐使船に乗ったって言われたら、ちょっと納得しちゃったかもしれないです。

    押勝の息子もどうしようもないし、東子の薬師をしてるのに使い捨てにしようとした押勝ですけど、今後真那と真備の関係なんかが彼に分かってしまったら、消そうとするのかなぁ。

    今回ちょっと出てきただけでその後は音沙汰のなかった執棹が次巻で出てきそうな感じがします。押勝が真那を自分に取り込もうとあの馬鹿息子の嫁にしようとしそうな感じ。

    八尋が真那を嫁と決めたら頑固としてそれに向かって進みそうですけど、そのあたりが「桜嵐恋絵巻」の雅遠とかぶりそうです。八尋の場合は真那を嫁にするために、押勝を倒そうとしそうな感じですが。

    次巻も楽しみにしてます。
    (他のシリーズも出ないかなぁ。)

  • 奈良時代を舞台にしたラブストーリー第二巻。
    イラストは、恋愛ゲーム「アンジェリーク」シリーズで有名な由羅カイリ先生。

  • 本格的に巻き込まれ始めて、面白くなってきた。やっぱ水面下では中立じゃないよねぇ(笑)
    争いがないのが一番だけど、争わないとわくわくも面白みもない。贅沢なもんだ。

全9件中 1 - 9件を表示

かぎろひさやか 夕星 (ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

かぎろひさやか 夕星 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

かぎろひさやか 夕星 (ルルル文庫)の作品紹介

一途な恋と波乱の幕開け…万葉ラブロマン!

恋人となり甘く穏やかな日々を送る真那と八尋。密かに結婚の約束を交わす二人だったが、時の権力者・恵美押勝の息子に真那が見初められてしまい!? 強引に我が物にしようとする相手に、過去の恐怖を思い出し怯える真那。立場ゆえに表立って動けない八尋は、ある決意を固めるが……? 「真那がどこにいても、きっと守る――!」一途に想い合う二人を襲う試練! 動乱の幕開けを告げる、万葉ラブロマン待望の第二弾!

かぎろひさやか 夕星 (ルルル文庫)はこんな本です

かぎろひさやか 夕星 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする