音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)

  • 14人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 斉藤百伽
制作 : 風都 ノリ 
  • 小学館 (2013年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522730

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 音楽バカのユトですが、リュリも嫁にはならんといいながら、大好きな音楽でつい親しげな感じになっちゃってたり、意識のないリュリがユトの心音とかの音箱を大量に作っちゃったシーン好きです。

    最後の黒幕は比較的早く予想がつきましたけど、まあ彼女には彼女の理由があったし、なりたい人が王様になったらっていうの結構好きかも。

  • 事件の顛末や、虐げられた魔女が世の中に出ることに多少突っ込みどころはありだが、楽器大好きの変人王子は楽しかったし、音楽を作あげることに熱中する二人の世界はとても素敵だった。★3.5
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3581.html

全2件中 1 - 2件を表示

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)を本棚に登録しているひと

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)の作品紹介

音楽好き変人王子が音狩り魔女を愛で捕縛?

迫害・弾圧されてきた魔女の末裔であるリュリには、今や「音狩りの魔力」しか残されていない。小鳥のさえずりや教会の鐘の音などを小箱に詰めて売って暮らしてきた。
だがある日怪しい男に怪しい罠で捕らえられ、着いた先は王城。罠を仕掛けた男の正体は実は、音楽大好きの変わり者王子ユトだった…!
ユトはリュリを理想の楽器扱いして、いきなり「俺の妃になれ」と的外れなプロポーズ!? 大事な音の小箱をタテに取られたリュリは仕方なくお妃教育を受けるハメになり…!?
ユトは姉姫のエオリアに公務を押しつけ、楽器収集や作曲に日々勤しんでいた。そんな中、エオリア主催で隣国からの使者を歓迎するや会が開かれ、リュリとユトは楽師に扮装して演奏を披露することになる。そして知ってしまった隣国の陰謀…!
恋と冒険のフーガ、お楽しみに!!

音狩り魔女の綺想曲 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする