荊姫と嘘吐きな求愛 (ルルル文庫)

  • 56人登録
  • 4.10評価
    • (12)
    • (10)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 宮野美嘉
制作 : 結賀 さとる 
  • 小学館 (2014年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522808

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

荊姫と嘘吐きな求愛 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついに兄から後継者の椅子が回ってきてしまった主人公。
    しかし彼女は、自他とも認める筋金入りの男嫌い。

    を、解消させるために付けられた、男の部下。
    やる気がないだけかと思いきや、な部下の
    腹黒さも…いや、ナチュラルに黒い?
    主人公は女性至上で、思わず惚れてしまいそう(笑)
    しかし部下、一体学園で何をしてきていたのか。
    すごく気になりますが、多分カオスな学園生活かと…。

    嫌な事は嫌と言わなければいけない。
    けれどそれをまだ知らなければ?
    まずこうなるものです。
    なので、作中一番可哀そうかと思われる従兄弟も
    恋にするにはありえない人、の分類になるわけで。
    ものすごく、同情してしまう場面でした。

  • 男前で女性から好かれるヒロインがとても素敵でした。
    ヒーローは一癖も二癖もあるひねくれ者で、こちらもなかなか面白い人だったのですが、ヒロインへの「あなたを好きになってもいいですか」というセリフがいまいち理解できず…。
    その言葉が出る時点でもう好きになってるんじゃ?

    魅力的な二人だったのですが、あと一歩足りないなという感じでした。

  • ううん…些かヒーローのことがわかりにくくてときめけなかった。ヒロインが格好いいことはよっくわかった。

  • おーっと、際どい所まで行っておきながら寸止めかよ~。って、少女小説ならまぁここまでだろうなぁ。よくやった方だよw。生意気な女の子は嫌いだけれど、アイリーンのように筋の通ったクールな女の子は好きです。毒舌可。ヴィルは一歩間違うと狂信的な粘着ストーカーになりそうだわなw。

  • 宮野さんの描くキャラは
    女子はかなり猟奇的(笑)でも愛情深いってのがお気に入り。
    男子も今回は猟奇的だったなぁ。でもやっぱり愛情深いってのがツボ。

    武装解除できない女子を描かせたら世界一ではないでしょうか。
    もう、全部が好みです。

  • 宮野美嘉さんの作品なので、ひねくれた主人公達。ひねくれながも、率直に核心を突いてくる鋭さのあるキャラ。
    今回、後書きでは、”一番真面目で良識があって一番心優しい正当は主人公であると思っておりますが、初対面の男を踏みつけるというのは女の子としてどうなんでしょうね?”と、いうことで、やっぱりヒロインも斜めです。
    輪をかけて、謎の思考と過去をもつ従者ヴィル。人を信頼するということを学ぶ彼の側面や、濃密な蜂蜜のドキドキなシーンもふくめて、宮野美嘉さんらしいちょっと変わった切り口の作品で面白かった。
    なので、まったりした優しいお話を求めている乙女にはおすすめできない作品。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-3939.html

  • 「王家の蝙蝠」と呼ばれる諜報活動を生業とする一族の娘アイリーン。彼女はある日、当主である祖父から呼び出され後継者として指名される。けれど後継者となれば結婚しなければいけない。けれどアイリーンは筋金入りの男嫌いだった。そんな彼女に祖父が部下として連れてきたヴィルはとんでもない男で・・・。

    今シリーズは面白かった。スラスラ読めました。
    キャラクターが良いですね。美人だけど男嫌いで女性に大人気の格好良いアイリーンと、人の心が読める直感力を持つ退廃的な魅力のヴィル。主人公カップルの性格と二人の関係性は相変わらずぶっ飛んでますが、そこが宮野さんの描くキャラクター達の良さだと思います(笑)
    続編出るのかな?シリーズ化してくれたら嬉しいです。

  • ある意味病んでるヒーローだ(笑)幽霊伯爵はヒロインがどうにもダメで脱落したんだけど、今回のヒロインは大丈夫そう!?いや、まだわからんなぁ。シリーズ化するなら、またヒーローとのコンビで事件解決に乗り出すんだろうね。周りのキャラ(主に女性)に愛されるヒロインと、極力お近づきにはなりたくないヒーローと。さて、結婚までこぎ着くか!?

  • 宮野美嘉さんの新シリーズ?
    おもしろかったです。

    諜報活動を生業としている伯爵家の跡継ぎに指名されたアイリーンは徹底した男嫌い。でも逆に女の子にはモテモテで、かなりかっこいいです。(アイリーンの性格的には、「幽霊伯爵の花嫁」のサアラに近いかなって思いました。)

    そんなアイリーンの男嫌いを直すべく、送り込まれたヴィルはエスパーと思われるくらい人の心が読める男で、単にアイリーン好き好きっていうだけの男じゃないのがよかったです。

    ルルル文庫にはめずらしく、けっこうHっぽい雰囲気になったりもしてますし、ヴィルを手下に諜報活動をするアイリーンの活躍、期待してます。(続くよね?)

  • 好きだな! 続き読みたい。是非読みたい。

全11件中 1 - 10件を表示

荊姫と嘘吐きな求愛 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

荊姫と嘘吐きな求愛 (ルルル文庫)の作品紹介

男嫌いの茨姫と切れ者従者の不健全な純愛!

代々「王家の蝙蝠(こうもり)」と呼ばれる諜報活動を生業(なりわい)としてきたラグランド伯爵家。ある日、当主である祖父に呼び出されたアイリーンは、兄の不始末から突然跡継ぎに指名されてしまう。しかし、アイリーンは筋金入りの男嫌い! 婿をとって子など産めるかと即座に拒絶したところ、とんでもない男が部下としてやってきて!? その恋は、死ぬほど甘い蜜の味――。男嫌いの茨(いばら)姫と退屈を持て余した切れ者従者との、人生を賭けた甘くて危ない下克上ラブ!

荊姫と嘘吐きな求愛 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする