王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)

  • 39人登録
  • 3.85評価
    • (5)
    • (8)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 宮野美嘉
制作 : くまの 柚子 
  • 小学館 (2015年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522822

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

  • 宮野さんの作品は個性的で割と好きなんですけど、これはけっこう普通な感じ。まあ、ラキスヴァデリの性格は変人の方に寄っていますけど・・・。

    嫌い嫌いも好きのうちっていうか、嫌っているラキスヴァデリに惹かれていってるエレインと、どうも最初からエレインに好意を持っているけど、それがうまく(?)エレインに伝わらないラキスヴァデリ。周りはラキスヴァデリの気持ちに気付いているのに、当の本人は気付いていない。そんな二人を周りの人と同じく温かい目で見ちゃいました。

    後半、ラキスヴァデリへの気持ちに気付いたエレインが急に積極的になってキスをせがんだりしてるところとかは、ちょっとニヤニヤしちゃいました。

    エレインが手紙を書いていた妹が実は死んでいたりするところとかは、宮野さんらしいなぁって思いました。

    イラストはくまの柚子さんなので、かわいいです。

  • アクの強い作家さんなのだが、この作品は安心してオススメできるルルル痒いクオリティーだった。この変化は良かれ悪しかれだな。
    これはこれで楽しかったけれど、アクが薄くなった。ヒロインの怒れる逆転の発想はいつもより少なかった。この作家さんのファンなら、もっと欲しいと感じなくもない。
    逆に、楽しいくて痒い雰囲気をお求めでルルルを手に取る人には良いかも。
    サクッと楽しいコメディーでした。
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4472.html

  • 大嫌いな天才呪い師ラキスヴァデリの補佐役になることになったエレイン。一方ラキスはエレインのことが可愛くて仕方がないが、その性格から口説き文句もちょっと変わっていて、そこにエレインの鈍感さも加わり、ラキスの気持ちはまったくエレインには伝わっていない。そんなある時、王宮に愛する人の記憶を奪う力を持つ蛇が出現して…。

    なんかいつもの宮野さんの話とちょっと違和感があったかも。すごく王道のラブコメだったから。けれどキャラクターの性格はやっぱりちょっと変だったかも(笑)まぁそこが良いのですけれど。ツンツンしてたエレインがデレるあたりからは、もう2人の世界でしたけれど、序盤のエレインの可愛さはラキスじゃなくても可愛いな〜と思ってしまうぐらいでした。
    あとエレインの妹のこととか、ラストの蛇の原因なんかはシリアスな感じで宮野さんらしさを感じました。

  • ストーリーが良かった。
    単純に終わらず、ちゃんともう1つ山を作っている。
    男性側の心の動きもきちんと説明あり

  • 次元の違う天才ラキスヴァデリが無表情で放つ、トンチンカンなのに率直な愛情表現と、それを斜めに解釈してボケたおすエレインの掛け合いが楽しいラブコメ。最後のエレインがラキスヴァデリにツンデレるあたりからの様子はバカップル以外の何者でもない訳ですが、ラキスヴァデリの言うとおり、エレイン超可愛い~って気持ちが理解出来たというか、同調した。

  • 「不実な夫の愛し方」で宮野さんを知って
    とにかく全部読む!と決めております。
    好きです。
    今回のお話は学園モノっぽいノリですが
    ラキスの変態愛も私にはツボでした。
    何しろ、どんなエレインも愛してるってとこが大好き。
    かわいくてかわいくて仕方ない様子が伝わりますから。
    妹に会いに行く場面では泣きましたが
    本当に、全部ひっくるめてラキスに愛されてるって
    幸せなことです。鈍感最高(笑)       

全6件中 1 - 6件を表示

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)を本棚に登録しているひと

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)の作品紹介

天才青年の暴言は世界一甘い口説き文句!?

新米王宮呪い師になったエレインを待っていたのは、天才・変人・無表情で有名な青年ラキスヴァデリの補佐という任務。性格は最悪だけれど呪い師としては超一流のラキス。出世のためにエレインはラキスの世話係として奮闘するが、いつか彼を踏み台にしようと決意している。けれどもラキスは「僕を追い抜くなんて絶対無理だよ。エレインは抜けていて、かわいいね」と暴言気味の言葉を吐きながら、頭を撫でてきたり抱き上げてきたりと、エレインの感情を逆なでしてくる。「やっぱりラキスなんか大嫌いだ」と思うエレインだったが、なぜか最近、彼の言葉が甘い口説き文句に聞こえて動揺するように…。
そんな頃、王宮に謎の蛇が出没、人々を襲いはじめる。蛇にかまれた者は「愛する人の記憶」を失う呪詛にかかってしまうらしい。エレインは勝手な行動をするラキスに反発、自分ひとりで事件を探ろうとするが!?
傍迷惑なほどピュアなふたりの、すれ違いラブロマンス!


王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)はこんな本です

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする