守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 市瀬まゆ
制作 : 高星 麻子 
  • 小学館 (2014年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094522945

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 守護姫さまの恋修行からの続刊です。
    陰謀を絡めながらの、さくっと楽しめるラブコメです。
    後宮に入り、王太子妃の護衛をしながら、王太子や王の思惑にからめとられる莉瑠であります。

    結婚したいけれど、家に閉じ込められるのも辛い…歯がゆいね。
    彼女の気持ちを辛抱強く見守る朱慎という関係なので、前の巻より朱槇の攻めっ気が少なく感じるかも。ラストに全力で攻めてくれたけど。w
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4509.html

全1件中 1 - 1件を表示

守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)を本棚に登録しているひと

守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)の作品紹介

おてんば娘のチャイナラブコメ、第2弾!

莉瑠は、武芸の名門に生まれ、父や祖父に武芸を仕込まれて育った凜々しい少女。王族の一人で、「放蕩殿下」と呼ばれる青年・朱慎を護衛したことがきっかけで、二人は恋仲になり、無事婚約する。
婚礼を前にした莉瑠に、ある日、暗殺未遂が続いている王太子妃を護衛せよとの命が下る。朱慎とともに護衛の任につくが、王太子妃は大の男嫌いで、朱慎も、さらには王太子すらも後宮から追い出されてしまう。なんとか王太子夫妻の仲を取りなそうとする莉瑠だが、なぜか王太子に求婚され、一夜をともにすごしてしまい・・・!?
莉瑠と朱慎、二人の気持ちがすれ違う中、王太子の命も何者かにより狙われる事態に。後宮の暗殺者とは? 暗殺者の真の狙いは? そして瑠璃は、朱慎と王太子のどちらを選ぶのか・・・!?
おてんば娘のチャイナラブコメ「守護姫」シリーズ、第2弾!

守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)はこんな本です

守護姫さまの花嫁修業 (ルルル文庫)のKindle版

ツイートする