ミカドの肖像―プリンスホテルの謎 (小学館ライブラリー)

  • 41人登録
  • 3.28評価
    • (2)
    • (5)
    • (9)
    • (0)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 猪瀬直樹
  • 小学館 (1991年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094600018

ミカドの肖像―プリンスホテルの謎 (小学館ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 都心のホテル群や軽井沢、百貨店や遊園地の成り立ちと近代の大衆文化と皇族の暮らし、西欧化の流れなどが、西武の創業者の人生とともにギュッと一冊に凝縮されています。

  • 2007/06/08 読了 ★★★★
    2012/09/28 読了

  • 東京都副都知事氏のベストセラー。
    当時読んだはずなのに記憶がない。
    戦前戦後の動乱期に、没落した皇族の土地を買い漁り、
    そこにプリンスの名を冠したホテルを建てて
    その威光をちゃっかり手に入れるという
    西武グループの基礎を築いた提康次郎の鬼気迫るエピソードが
    興味深い。また軽井沢開発の裏側に、阪急の大成功の影響が
    あった事など、今知っても面白い、強い個人の力を感じます。

  • ゴミ。

  • 2007/06/08 読了
    2012/09/28 移動

  • これほどつまらない本も珍しい。

  • 前川國男の東京海上ビルディングの高さが変更された経緯が、冒頭に書かれています。

全7件中 1 - 7件を表示

猪瀬直樹の作品

ミカドの肖像―プリンスホテルの謎 (小学館ライブラリー)はこんな本です

ツイートする