木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)

  • 69人登録
  • 3.88評価
    • (10)
    • (4)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 西岡常一
  • 小学館 (1991年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094600025

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
スペンサー ジョ...
デイル ドーテン
東野 圭吾
三浦 しをん
レイチェル カー...
中野 京子
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • 本物を残そうとする人と、時代の流れで便利や科学で形を作ろうとする側との矛盾。
    代々宮大工につたわる口伝の項がとても印象深い。

    『木を買わず山を買え』
    『木の癖組は人の心組』
    『工人の心組は工人への思いやり』

  • 最近、五重塔とかに見惚れてしまう。

  • 昔の人の知恵にただただ驚かされる。

  • 読む前に法隆寺を見た。
    読み終わったので、もう一回法隆寺を見にいくと、
    前回とちがう風に見えるんだと思う。それって超素敵です。いつ行こう~。

  • 出版社 / 著者からの内容紹介
    目次第一章 千三百年のヒノキ第二章 道具を遣う心第三章 法隆寺の木第四章 薬師寺再建第五章 宮大工の生活第六章 棟梁の言い分第七章 宮大工の心構えと口伝 あとがき 解説 西岡常一氏略年譜


    内容(「BOOK」データベースより)
    法隆寺、薬師寺の宮大工棟梁・西岡常一氏が、木について、道具について、そして人間について語った入魂のエッセイ。「堂塔の木組は寸法で組まず、木の癖で組め」など、今日の人間関係に当てはまる口伝が紹介される。

    目次
    第1章 1300年のヒノキ
    第2章 道具を遣う心
    第3章 法隆寺の木
    第4章 薬師寺再建
    第5章 宮大工の生活
    第6章 棟梁の言い分
    第7章 宮大工の心構えと口伝

  • 木の家は、
    奥深い。
    木について論文を書いた方から
    この本を頂きました♪
    ありがとう(─_☆)キラリ

全7件中 1 - 7件を表示

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)はこんな本です

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)の単行本

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館ライブラリー)の文庫

ツイートする