大系 日本の歴史〈7〉戦国大名 (小学館ライブラリー)

  • 14人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 脇田晴子
  • 小学館 (1993年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (457ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094610079

大系 日本の歴史〈7〉戦国大名 (小学館ライブラリー)の感想・レビュー・書評

  • 構成は永原慶二氏『日本の歴史 戦国の動乱』のほうがよい。結構著者の主観が入っている文体になっている。

  • (1999.02.20読了)(1998.08.10購入)
    出版社からのコメント
    足利幕府の衰退とともに音をたてて崩れていく階級社会…。天皇や将軍、大名から庶民まで、激動する下克上の時代の人々は何を考え、何を心の糧としていたのか?

    ☆大系日本の歴史(既読)
    「大系日本の歴史(1) 日本人の誕生」佐原真著、小学館ライブラリー、1992.08.20
    「大系日本の歴史(2) 古墳の時代」和田萃著、小学館ライブラリー、1992.08.20
    「大系日本の歴史(3) 古代国家の歩み」吉田孝著、小学館ライブラリー、1992.10.20
    「大系日本の歴史(4) 王朝の社会」棚橋光男著、小学館ライブラリー、1992.10.20
    「大系日本の歴史(5) 鎌倉と京」五味文彦著、小学館ライブラリー、1992.12.20
    「大系日本の歴史(6) 内乱と民衆の世紀」永原慶二著、小学館ライブラリー、1992.12.20

  • 永原氏の次は弟子の登場。

    正直を言うと、この人の文章はわかりにくいと思っている。その先入観があったか、あまり・・・という部分もあった。気を利かせた題名(例えば「コミューンの世紀」)が正直言うと、鼻につくところがあった。

    家永遵嗣氏の研究はこの著作の後なので、その点でもこの本は多少、注意して読む必要はある。講談社の久留島典子氏や本郷恵子氏など、これよりあとの著作よりはわかりやすく、丁寧に書いてあると思う。

    この時代を書くのは江戸を書くのと同様、難しいんだと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

大系 日本の歴史〈7〉戦国大名 (小学館ライブラリー)を本棚に登録しているひと

大系 日本の歴史〈7〉戦国大名 (小学館ライブラリー)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大系 日本の歴史〈7〉戦国大名 (小学館ライブラリー)を本棚に「積読」で登録しているひと

大系 日本の歴史〈7〉戦国大名 (小学館ライブラリー)はこんな本です

ツイートする