幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)

  • 17人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 一志治夫
  • 小学館 (2016年9月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094700091

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 79
    水戸岡鋭治という人を初めて知った。
    建築、デザインっていいな〜っと思った。
    仕事に対する気持ちを高めることができた。
    整理整頓掃除。
    一生懸命何かを考えながら仕事をしていくと、誰かがいいタイミングでものを提供してくれる。
    食事をする空間。食堂車という五感を刺激する場所。
    発注する側がものを考えないという問題。
    根元への問い。光を観に行くのが観光。
    気に満ちているか。
    神社には中心性も精神性も文化性も備わっている。
    仕事にはパン仕事と花仕事がある。

全1件中 1 - 1件を表示

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)を本棚に登録しているひと

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)を本棚に「積読」で登録しているひと

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)の作品紹介

九州の鉄道を変貌させたデザイナーの物語

1990年代以降、JR九州の各路線には個性的な列車が誕生してきた。精悍な“顔つき”で多くのファンをつくった特急「つばめ」(787系)、遊び心に満ちた色彩で親しまれた「ソニック」(883系)、和の素材、伝統、意匠を取り入れた九州新幹線「つばめ」(800系)……。本書は、これらのデザインを手がけたデザイナー水戸岡鋭治氏を描いたノンフィクション作品である。
水戸岡氏は高校卒業後、デザイン事務所での修行を経て1972年に「ドーンデザイン研究所」を設立。不動産広告のパース画や、家具・建物のデザインを手がけていた。
1988年のJR九州「アクアエクスプレス」のデザイン以降、特急、九州新幹線などの車両や、駅舎、街づくりなどのデザインを通じて、九州各地の活性化に貢献。
「金がかかるばかりで儲からない」と全国の路線から食堂車が消え去りゆく中、「乗客のための空間・広場であって、公共の乗り物の中にあってもいい」という発想で、食堂車をいまの時代に合ったスタイルで蘇らせた。
鉄道デザイン王国・九州を生み出した、水戸岡鋭治の「気」と「志」のすべてがここにある!


【編集担当からのおすすめ情報】
なぜ九州の列車は、他の鉄道にないオリジナリティがあるのでしょうか? ローカル線から特急、九州新幹線まで、唯一無二の車両群や駅舎などのデザインを手がけたデザイナー・水戸岡鋭治氏とは、いったいどのような人物なのでしょうか?
建築物のパース画の分野で一目置かれる存在だった水戸岡氏は、博多の「海の中道ホテル」のアートディレクションをきっかけに、JR九州での車両デザインの仕事を手がけていきます。
困難にぶつかっても、決して妥協することなく、ひとつひとつ最善の手を探っていく。「志」の高さに触発されて、かかわる人の心が揺り動かされながら、ゴールへ邁進する男の挑戦と熱意の記録です。

幸福な食堂車: 九州新幹線のデザイナー水戸岡鋭治の物語 (小学館文庫プレジデントセレクト)はこんな本です

ツイートする