日本語源大辞典

  • 28人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 前田 富祺 
  • 小学館 (2005年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784095011813

日本語源大辞典の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 万葉集のころから遡って、色々な言葉の語源を調べることができます。

    が。
    ・・・えーっとこの日本語はいつ使いますか?っていう古典の言葉も相当含まれていまして、現役学生さんとかその道のかたとか向けのようです。

    辞典としては素晴らしいのでしょうが、知りたがり、の欲求を満たしてくれなかったので(ワガママ)この評価で。

  • 日常使っている言葉も、実は奥深いものなのです。

  • 翻訳中、言葉の背景を知るために使っています。語源辞典はいろいろありますが、6,000語を収録していうということで、かなりの言葉をカバーします。意外な発見があったりして読み物としても楽しいです。

  • 分類=語源・日本語。05年2月。

全4件中 1 - 4件を表示

日本語源大辞典に関連する談話室の質問

日本語源大辞典の作品紹介

動植物、食べ物、服飾、道具などの物の名から、気象、伝承、身体語彙、擬音語・擬態語、動詞・形容詞まで、幅広い分野のことばを収録。上代の風土記から、鎌倉時代の語源辞書、近世の随筆、柳田国男・折口信夫の民俗学、現代の辞典類にいたるまで、数多くの資料の語源説を網羅。事物起源やカタカナ語を扱った200のコラム「ことばのしおり」と、神話・芸能・遊技・隠語・スポーツなど、テーマ別の特集記事「テーマで探ることばの由来」(32編)との2種類のコラムを用意。本辞典で取り上げられた諸説のすべての出典について、著者名、成立年代、内容などを解説。

ツイートする