レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)

  • 19人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 片桐頼継
  • 小学館 (1999年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096060216

レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)の感想・レビュー・書評

  • 借りたもの。
    四世紀にわたり“修復”のために加筆されてきたレオナルドの代表作《最後の晩餐》。加筆された絵具を落とし、レオナルドが考えた本来の姿を現した。それにり細部まで緻密に描かれていたことが明らかになる。
    CGで当時の色彩を再現された《最後の晩餐》には感動を覚える。かくも極彩色の絵画であったか。
    薄めの本ながら、フルカラー写真、人物だけでなく背景やテーブルの上まで言及した、内容の濃い本。故・片桐頼継先生に敬意。

全2件中 1 - 2件を表示

レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)を本棚に「積読」で登録しているひと

レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)の作品紹介

二十年前に始まった『最後の晩餐』の修復結果を見て、著者はあらためて、というよりも初めて『最後の晩餐』がどういう作品だったのかを知った。さまざまな新事実を見せられた感動と驚き、そして戸惑い。本書は、修復の結果判明した最新の情報をしっかりとまとめたものである。

レオナルド・ダ・ヴィンチ復活『最後の晩餐』 (ショトル・ミュージアム)はこんな本です

ツイートする