旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)

  • 183人登録
  • 3.67評価
    • (12)
    • (17)
    • (27)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 松木武彦
  • 小学館 (2007年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096221013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)の感想・レビュー・書評

  • 日本列島の旧石器時代から縄文、弥生時代までを認知考古学という新しい手法で述べた試みである。認知考古学では、当時の人々の考え方から考古資料を読み解く。例えば、縄文時代は平等ではなく競争社会だったが、それを合理化するための儀式として土偶や祭具が使用されたという。

  • 考古学者である著者が、ヒトの確かな足跡が発見される旧石器時代から、巨大古墳が築かれる5世紀までの4万年の日本列島の歴史を文字の記録に頼らず、物質資料のみで描いた大作。

    何より新鮮だったのが、歴史科学の再生において「認知科学(ヒューマンサイエンス)」をベースにし、人の心の普遍的特質から人の行動を考古学的に説明しようとした点。文字のない「物質」と「人の心」から読み解く考古学の世界は、自分が想像していた以上に惹かれるものであった。

    無文字社会の人、もの、心のあり方とは?そもそも宗教というものはあったのか?日本という国はどうやって形成されていったのか?

    こういった素朴な疑問に対し、なんらかの新しい発見がきっと見つかるはずである。

    架空の存在への信仰、美、芸術に満ちた世界。

    5万年前も今も変わらない、人間の本質というものに気づかされる。

    <以下引用>
    考古学研究者が「画期」「革新」などと呼ぶような変革の多くは、実際には何十年も、何世代もかけて徐々に進んだ小さな変化の積み重ねであることが少なくない。このような小さな変化の積み重ねこそ、歴史が動くメカニズムであり、そこに人類史の本質がある。

  • 著者は<はじめに>で先ずこう語っている。
    「この巻で描きだすのは、ヒトの最古のたしかな足跡が確認される旧石器時代から、巨大古墳が築かれる五世紀までを中心とした,およそ四万年間の日本列島の人びとと社会の歩みだ」
     縄文時代には,物質資料のみで文字資料はなく、弥生時代以降は両者があるが、「四万年を一貫した方法論で描くには,文字記録によらず、物質資料のみを対象とする必要がある」

    この著述にあたって著者は三つの指針を掲げる。
    第一は、歴史科学の再生。
    かつては史的唯物論が歴史の解釈と展望について最大の試みだったが,二十世紀後半以降、人間自体の科学的探求である、認知科学−ヒユーマン・サイエンス−が長足の進歩を遂げた。
    この著作は,認知考古学の成果をもとに、その方法論を軸として新しい人類史と列島史の叙述をめざす、とされる。
    (この方法論については、史的唯物論を止揚するかの記述だか,よく判らないものがある・・)

    第二は,地球環境の変動が歴史を動かした力を,もっと積極評価することだ。
    「生産力の発展」という大出力エンジンで歴史街道を驀進して来たということではなく,環境との対立と妥協を繰返しながらこつこつと歩んで来た旅人としての、人間の軌跡を辿ること,とされる。
    (「大出力エンジン」と称される史的唯物論的手法に代わる環境論かも知れないが,本来対立するものではないように感じられる。史的唯物論をきわめて単純化することで、認知科学の効果を説こうとする著者の方法はやや疑問)

    第三,「日本という枠組み」を空間的にも、歴史的にも固定したものとして捉えないこと。そういう枠組み自体が歴史的な産物であり、せせこましい愛国主義ではなく、国際的にも客観的な知性が感じられるものにしたい、とする。
    (これはよく判る)

     さて本書第一章は<アフリカからの旅路>として、約十五万年前の新人の出現から、五万年前あたりからの「ほかの動物にはみられないヒト固有の複雑な認知と身体でもって社会を織りなしはじめ」た、という時代から始まる。
    以下内容目次は次のとおり。
    ○ 第一章 森と草原の狩人  旧石器時代
    ○ 第二章 海と森の一万年  縄文時代前半
    ○ 第三章 西へ東へ     縄文時代後半
    ○ 第四章 崇める人,戦う人  弥生時代前半
    ○ 第五章 海を越えた交流  弥生時代後半
    ○ 第六章 石と土の造形   古墳時代

    各時代の状況については、最新の考古学的発見分析により、現在日本列島とよばれる地域の具体的事例による叙述が詳細にされている。
    縄文と弥生の地域的移り変わり,青銅器と鉄器の出現の模様,北九州から北海道にかけての旧遺跡分布など、昔々に中学で習った単純なそれとはかなりに違う面白さ。このあたりは、既出の日本史通史の記述を新しくしたものだろう。

    旧石器時代を日本<歴史>に含むかどうかは別として,戦前の神話授業に占められていたこの時期を,科学的に解明する作業は非常に大切なことだ。この作業の意味は,昨今の「靖国史観」派の妄動を見てもゆるがせに出来ない。

    年表4ページを含む,約360ベージで、四万年をまとめあげた、この著作は読者に新しい発見を示し議論を促している。

  • 文字による記録がほとんどない5世紀までの日本古代史について書かれた本。

    文字資料がない、つまり物質資料しかない時代における社会のあり方や人々の心を読み解こうというのが、本書の趣旨となる。認知考古学という学問があるというのを初めて知った。読み物として非常に面白い。まさにこんな本を読みたかった。

    たとえば。地球が寒冷化した時期には無個性なツルンとした土器が増える。なぜか?寒くなると食料が得にくくなるため、同じ場所に定住するのが難しくなる。結果、人の移動が増え、文化の交流が生まれる。これが土器の無個性化に繋がった。。。

    面白いけど、推理ゲームの感はある。その説の裏づけとなる証拠を見つけるのは難しそうだ。同じ物的資料からでも、研究者ごとにバラバラな結論が出そうな気がする。

  • 2014.2.10
    新しい日本史
    非文字社会を解いていく方法が示されている
    何度もまとめてくれるので、読みやすい。まだ理解はできていないので、折った部分を読んで整理する必要がある。あとがきを読んでから、再読。
    このシリーズは面白そう。

  • 縄文中期の信州・諏訪のあたりがとても気になっている。
    当時の日本全体の人口が仮に(通説で)26万人ほどだったとして、諏訪、茅野周辺から関東にかけて多くの縄文人が暮らしていた。縄文銀座のようだったのではないか。
    黒曜石の採取地、それと気候、このあたりの謎を解く鍵がある。

  • 松木先生の書く文書はほんとにおもしろいです。
    大学入学直前に読んで夢をふくらませた一冊。
    しかしいざ発掘・整理作業・卒論等をやっていくと、なんだかこの本のイメージからかけ離れてしまっているのが現状 笑
    もう一度読みたい。

  •  第一章。ホモ・サピエンスは、脳の中にある設計図をもとに石器をつくる。出土した物質資料を彼らの認知特性に基づいて読み解くとき、そこに神と美と芸術の萌芽を見出せる。地方ごとに形状の異なるナイフ形石器は、道具としての機能を離れ、形や技法の過剰な違いとなって現われる。認知上の価値を重視する社会関係が成立したのだ。縄文時代まであと一歩である。

  • 旧石器から古墳時代にかけての数万年を一人の著者が述べるという野心的な歴史書。まだ文字をあまり使わない時代であるため歴史の詳しい部分を語ることができないのはもどかしいが、異物や遺跡を通して断片的ながらと応じの状況を垣間見えることができる

  • 07年11月配本開始となった、日本史シリーズの第1巻。発掘されたものの紹介や、歴史的事実と目されている情報の羅列にとどまらず、認知科学的な観点からヒトの頭脳や能力の発達過程が検討されている点が非常に興味深く、刺激的である。
    書き手の情熱が相当にこめられた生き生きとした文体も好ましく、日本史や考古学の書物にあまり馴染みのない私も、早くも第2回配本が楽しみになった。

  • [ 内容 ]
    四万年の歩みを一気に描く新しい列島史。

    [ 目次 ]
    第1章 森と草原の狩人―旧石器時代
    第2章 海と森の一万年―縄文時代前半
    第3章 西へ東へ―縄文時代後半
    第4章 崇める人、戦う人―弥生時代前半
    第5章 海を越えた交流―弥生時代後半
    第6章 石と土の造形―古墳時代

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 著者は<はじめに>で先ずこう語っている。
    「この巻で描きだすのは、ヒトの最古のたしかな足跡が確認される旧石器時代から、巨大古墳が築かれる五世紀までを中心とした,およそ四万年間の日本列島の人びとと社会の歩みだ」
     縄文時代には,物質資料のみで文字資料はなく、弥生時代以降は両者があるが、「四万年を一貫した方法論で描くには,文字記録によらず、物質資料のみを対象とする必要がある」

    この著述にあたって著者は三つの指針を掲げる。
    第一は、歴史科学の再生。
    かつては史的唯物論が歴史の解釈と展望について最大の試みだったが,二十世紀後半以降、人間自体の科学的探求である、認知科学−ヒユーマン・サイエンス−が長足の進歩を遂げた。
    この著作は,認知考古学の成果をもとに、その方法論を軸として新しい人類史と列島史の叙述をめざす、とされる。
    (この方法論については、史的唯物論を止揚するかの記述だか,よく判らないものがある・・)

    第二は,地球環境の変動が歴史を動かした力を,もっと積極評価することだ。
    「生産力の発展」という大出力エンジンで歴史街道を驀進して来たということではなく,環境との対立と妥協を繰返しながらこつこつと歩んで来た旅人としての、人間の軌跡を辿ること,とされる。
    (「大出力エンジン」と称される史的唯物論的手法に代わる環境論かも知れないが,本来対立するものではないように感じられる。史的唯物論をきわめて単純化することで、認知科学の効果を説こうとする著者の方法はやや疑問)

    第三,「日本という枠組み」を空間的にも、歴史的にも固定したものとして捉えないこと。そういう枠組み自体が歴史的な産物であり、せせこましい愛国主義ではなく、国際的にも客観的な知性が感じられるものにしたい、とする。
    (これはよく判る)

     さて本書第一章は<アフリカからの旅路>として、約十五万年前の新人の出現から、五万年前あたりからの「ほかの動物にはみられないヒト固有の複雑な認知と身体でもって社会を織りなしはじめ」た、という時代から始まる。
    以下内容目次は次のとおり。
    ○ 第一章 森と草原の狩人  旧石器時代
    ○ 第二章 海と森の一万年  縄文時代前半
    ○ 第三章 西へ東へ     縄文時代後半
    ○ 第四章 崇める人,戦う人  弥生時代前半
    ○ 第五章 海を越えた交流  弥生時代後半
    ○ 第六章 石と土の造形   古墳時代

    各時代の状況については、最新の考古学的発見分析により、現在日本列島とよばれる地域の具体的事例による叙述が詳細にされている。
    縄文と弥生の地域的移り変わり,青銅器と鉄器の出現の模様,北九州から北海道にかけての旧遺跡分布など、昔々に中学で習った単純なそれとはかなりに違う面白さ。このあたりは、既出の日本史通史の記述を新しくしたものだろう。

    旧石器時代を日本<歴史>に含むかどうかは別として,戦前の神話授業に占められていたこの時期を,科学的に解明する作業は非常に大切なことだ。この作業の意味は,昨今の「靖国史観」派の妄動を見てもゆるがせに出来ない。

    年表4ページを含む,約360ベージで、四万年をまとめあげた、この著作は読者に新しい発見を示し議論を促している。

  • 認知考古学、気候との関係など、これまで無かった視点での日本史が楽しめる。

  • 2008.01.11

    結構なボリュームで、ところどころ難解だった……。何年か考古学をやってた私ですらそう思うのだから、基礎知識がない人がいきなり読むときついかもしれない。

    でも、この本は、これまでにない新しい切り口で書いていて面白い。考古学はどうしてもミクロな視点で物事を考えがちだけど(なにせ、土器の縄文文様の縄目の組み方がどうなってるかが時には重要だったりする)、著者の松木氏は意図的にマクロな視点で見ようとしている。東アジアの中の「列島」という位置づけであって、これまでにありがちな「日本」というくくりでないところに好感を持った。図や写真も豊富で説得力がある。

    私が大学で教わった先生や、発掘でお世話になった先生や、卒論で真っ向から反対意見を書かせてもらった他大の先生(笑)等、懐かしい名前がたくさん出てきて、もう随分時間が経ったんだなあと思った(^^;

    それと自分でも意外だったのは、遺跡の名前とその特徴をまだ自分がしっかり覚えてたこと!
    遺跡名が出てくると、ああここは有名な絵画土器が出たところだ、高地性集落の代表例だ、でっかい掘立柱建物が出てる遺跡だ、甕棺が有名だ、水田跡が見つかったところだ、等々……。

    もうすっかり考古学からは離れたつもりでいたけれど、根っこのどこかに残ってるんだなあと、少しばかりくすぐったいような気持ちにもなったのでした。

  • 旧石器時代から古墳時代までの約4万年が対象。

    当時の気候や土器、墓等の出土品から人々がどのように歩んで行ったかを検証していく。
    なによりこの本が特徴的なのが、上記要素に加えて「心の科学」認知科学を用いて既成の解釈に囚われずに、新たなアプローチでこの時代を検証しているところ。
    文字による記録がないこの時代のことを、日本列島の形や気候、土器の形状等の証拠と、人間の普遍的な行動を説明している認知科学とを用いて、さながら事件のプロファイリングをしていくように、その時々を推理していく過程はかなり分かりやすく、且つ刺激的だった。
    そしてなにより、土器や古墳程度の認識しかなかったのが、本書のおかげで当時を生きていた人々がぐっと人間味が増して身近になった。
    そして今後綿々と続いていく日本の歴史の最初のご先祖様としての認識が深まったように思う。

    今後のこのシリーズを楽しみさせるに十分の要素をもった第1巻です。

  •  著者の松木武彦さんは1961年生まれ。
     つまり、2008年現在段階でまだ47歳。
    この若さで『日本の歴史』を執筆するとは、おそれいります。
     さて、ページを開くと、まず文字が大きいですね〜(笑)。
     少し大きすぎるとも思いますが、これは編集の方針なので仕方ないです。
     内容的には結構、斬新で、歴史と気候の変化を絡ませる点は結構参考になりました。
     ですが、旧石器〜古墳時代の事象を解くのに「凝り」だけでは、説明が付かないと思います。
     そのほかにも、今までの自分の説を白紙にするような言説など、いろいろ問題が多いのですが、考古学が専門に分かれる傾向にある中、一人で旧石器〜古墳時代まで纏め上げることは並大抵の苦労ではなかったと思います。
     あと、比較的文章が平易で読みやすいですね。
     一般の歴史好きの方には良いのではないでしょうか?
     値段も手ごろで購入しやすいしね(・∀・)。




     この本を読んで、考古学を好きになる人もいるかもしれません。




     というか





     いてほしいな (*´・д・)(・д・`*)ネー 

全18件中 1 - 18件を表示

旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

旧石器・縄文・弥生・古墳時代 列島創世記 (全集 日本の歴史 1)の作品紹介

四万年の歩みを一気に描く新しい列島史。

ツイートする