日本社会再考―海からみた列島文化

  • 14人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 網野善彦
  • 小学館 (2004年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096262078

日本社会再考―海からみた列島文化の感想・レビュー・書評

  • 網野善彦さんの本は、千と千尋やもののけ姫とあわせて読みたくなります。
    読むともののけ姫はより楽しめます。

  • 海にまつわる膨大な資料に現れる”海人”、”網人”・・・という表記を見ていると、11世紀前後に南西諸島以南を”鬼界ヶ島”と認識しているのに、同時期の「小右記」に現れる”奄美島”(p96/p212)を現在の奄美と認識するのに大きな疑問がわいてきます。
    また、”十四世紀までの西日本の社会に広くみられる女性の公的な地位への「進出」”を”卑弥呼のような女性の首長を積極的に認める社会的な背景、伝統が生きていた、と推測”する部分も、奄美のウナリ神信仰に繋がるような気がしました。
    急ぎ足で読みましたが、「日本論の視座」(同著)も一緒にもう一度読み直す必要があるようです。

全2件中 1 - 2件を表示

日本社会再考―海からみた列島文化を本棚に登録しているひと

日本社会再考―海からみた列島文化を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本社会再考―海からみた列島文化を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本社会再考―海からみた列島文化を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本社会再考―海からみた列島文化を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする