城のつくり方図典 改訂新版

  • 47人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 三浦正幸
  • 小学館 (2016年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096263273

城のつくり方図典 改訂新版の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

城のつくり方図典 改訂新版を本棚に「積読」で登録しているひと

城のつくり方図典 改訂新版の作品紹介

決定版城郭辞典が10年ぶりに改訂!

ロングセラーのNo.1城図典が、10年ぶりに改訂となりました。

城の「縄張」を定め、堀・土塁・石垣をつくる「普請」をし、天守・櫓・御殿をつくる「作事」をし、「城下町」をつくるまでの、すべてのプロセスが、豊富な図版とわかりやすい解説でひもとかれた、最新・最強・最詳の城図典です。

10年ぶりの改訂では、巻頭の安土城・大坂城・江戸城ほかのカラー復元図を刷新したほか、50年ぶりの大修理を終えた姫路城、松江城天守の国宝指定を含め、写真から解説まで、随所の内容を最新情報に改訂しました。

【著者プロフィール】

三浦正幸(みうら・まさゆき)
1954年生まれ。広島大学大学院文学研究科教授。東京大学工学部建築学科卒業、工学博士。一級建築士。専門は日本建築史および文化財学。多数の城郭関係書籍を執筆・監修。今日の城郭の復元にも数多く携わっている。








【編集担当からのおすすめ情報】
2015年は、姫路城の大修理、松江城天守の国宝指定と、まさに城づくしの一年でした。それらを受けて、城図典の決定版と評判高い本書も、改訂新版となりました。冒頭の安土城、豊臣大坂城、江戸城ほかの復元図も一新され、新たに多数の写真も入れ替えました。
めくればめくるだけ発見のある、城図典です。

ツイートする