新編日本古典文学全集 (13) 土佐日記 蜻蛉日記

  • 15人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 菊地 靖彦  伊牟田 経久  木村 正中 
  • 小学館 (1995年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096580134

新編日本古典文学全集 (13) 土佐日記 蜻蛉日記の感想・レビュー・書評

  • 「土佐日記」のみを読みました。
    1ページの中に原文・現代語訳・解説の3つが縦に並んでいるので、原文の雰囲気を味わいながら楽しむことが出来ます。

    「男もすなる・・・」という有名な書き出しが気になって読みました。
    実は、「シゴトを終えて家に帰る、楽しい旅のお話でしょ?」とか思っていました(半分冗談です)。ごめんなさい。まさかの結末。

    船旅だと言うのにすごい足止め食らいまくっていますよね……もっとも、順調な船旅だったら、最後の結末が活きてこないのかなと勘ぐってしまったり。

    最初に書いたように、この本は丁寧な作りなので、古典文学に詳しくない人でもより原作に近い形で「土佐日記」を楽しめると思います。が、詳しかったらもっと楽しいのでしょうね。

全2件中 1 - 2件を表示

新編日本古典文学全集 (13) 土佐日記 蜻蛉日記はこんな本です

ツイートする