新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたり

  • 12人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 久保田 淳 
  • 小学館 (1999年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (598ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096580479

新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 嗚呼。こんなすごい私生活があっていいものだろうか。京都出身の古典の先生が読んで真っ青になったらしい。自分の子どもを五人も産んでおきながらほとんどは顔すら見れなかったなんて…すごい、すごすぎる

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたりを本棚に「積読」で登録しているひと

新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたりの作品紹介

愛と哀しみと。人生の苛酷さに堪えるには、自身の心に忠実であるしかなかった。無辜なる二人の宮廷女房が、歌と日記に織り込んだ愛と苦悩-。源平動乱期、建礼門院徳子に仕えたすぐれた歌人右京大夫の自叙伝的な私家集と、鎌倉末期に後深草院の寵を受け、数奇な人生をたどった宮延女房二条の告白文学を収載。

新編日本古典文学全集 (47) 建礼門院右京大夫集・とはずがたりはこんな本です

ツイートする