山本周五郎中短篇秀作選集〈3〉想う

  • 16人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 小学館 (2005年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096772034

山本周五郎中短篇秀作選集〈3〉想うの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『壺』『松の花』『春三たび』『藪の陰』『おもかげ』『萱笠』『墨丸』『風鈴』『彩虹』『七日七夜』『ほたる放生』『ちいさこべ』『あだこ』『ちゃん』『その木戸を通って』

  • 結婚したくなった。

  • あだこ,墨丸,その木戸を通って,など切ない想いが伝わってくる作品が多い。周五郎は憎いなぁ。

全3件中 1 - 3件を表示

山本周五郎の作品

山本周五郎中短篇秀作選集〈3〉想うを本棚に登録しているひと

山本周五郎中短篇秀作選集〈3〉想うを本棚に「読みたい」で登録しているひと

山本周五郎中短篇秀作選集〈3〉想うを本棚に「積読」で登録しているひと

山本周五郎中短篇秀作選集〈3〉想うの作品紹介

どんな苦境にあっても、一途に相手を想う、明日を描く。生誕100年の時を超え、いま新たに蘇る珠玉の作品の数々。

山本周五郎中短篇秀作選集〈3〉想うはこんな本です

ツイートする