永遠の詩 (全8巻)3 山之口貘

  • 41人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 山之口貘
  • 小学館 (2010年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096772133

永遠の詩 (全8巻)3 山之口貘の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 45編。図書館本。45

  • 生活の柄

  • イライラして心がトゲトゲしい時に読みたい作品。

  • 【詩をたのしもう(日本編)】
    日本の近・現代詩史に燦然と輝く詩人たちの作品を選り抜きでご紹介します。
    新学期、新生活にお気に入りの詩人をみつけてみませんか?

    <閲覧係より>
    山之口獏(1903-1963)。
    職を転々とし貧乏ながら自由を愛した獏さんの詩は、ユーモラスで愛嬌たっぷりです。
    -------------------------------------
    所在番号:911.568||エイ||3
    資料番号:10205739
    -------------------------------------

  • 最初はすわりが悪く、読んでいてもガタガタしていましたが、だんだんと調子がなれてきて、ひとつひとつがぴったりと自分の中に収まっていく感じがしました。「無学と博学」なんていいですね、面白かったです。

  • 獏さんの詩には、ユーモアや哀愁や皮肉が漂うが、底抜けに明るく自分を笑い飛ばしながら、誇り高く、したたかである。力が抜けているように見えて、推敲の鬼であったというから、その眼は鋭く、こわかったのかもしれない。

  • 有名どころは網羅されていたけれど「天」「喰人種」などの詩がはいっていなかったのですこし残念。

  • 血塗れの地球。

  • 2010.02.07 朝日新聞に掲載されました。

全9件中 1 - 9件を表示

山之口貘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
フランツ・カフカ
茨木 のり子
いとう せいこう
朝吹 真理子
川上 未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

永遠の詩 (全8巻)3 山之口貘を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

永遠の詩 (全8巻)3 山之口貘の作品紹介

山之口貘は、沖縄生まれの自由人。底抜けに貧乏だが、底抜けに明るく、誰にも書けないふしぎな魅力の詩を書いた。人間存在の痛点を刺激する数々の詩を現代仮名遣い、鑑賞解説付きで収録。

永遠の詩 (全8巻)3 山之口貘はこんな本です

永遠の詩 (全8巻)3 山之口貘のKindle版

ツイートする