永遠の詩(7) 萩原朔太郎

  • 43人登録
  • 4.50評価
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 萩原朔太郎
  • 小学館 (2010年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096772171

永遠の詩(7) 萩原朔太郎の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 58編。図書館本。30

  • こころをば何にたとえん を表紙にもってくればよかったのに!と思いました 笑
    今まで読んだ詩人さんのなかで一番ピンとくるひとでした。
    「言葉にならないものを言葉にしようとした」という説明がすべてのような気がします。
    表現が大変たおやかですね。
    第一詩集の「月に吠える」をまとめて読んでみたい…

  • 【詩をたのしもう(日本編)】
    日本の近・現代詩史に燦然と輝く詩人たちの作品を選り抜きでご紹介します。
    新学期、新生活にお気に入りの詩人をみつけてみませんか?

    <閲覧係より>
    萩原朔太郎(1886-1942)。
    「詩は言葉以上の言葉である」とは第一詩集『月に吠える』の序文の言葉。まさに朔太郎の詩は言葉の力を引き出すことで、聖櫃かつ残酷な静けさやユーモアに満ちています。
    -------------------------------------
    所在番号:911.568||エイ||7
    資料番号:10205743
    -------------------------------------

  • 高橋順子さんの解説がなんだかあまり気に入らなかった。

  • このシリーズ好き。
    萩原朔太郎に関しては筑摩書房のが一番好きだけど。
    でも手軽に入ってもらうにはこれがお勧めです。

全6件中 1 - 6件を表示

萩原朔太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 未映子
ショーン・タン
三浦 しをん
いとう せいこう
朝井 リョウ
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

永遠の詩(7) 萩原朔太郎を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

永遠の詩(7) 萩原朔太郎を本棚に「積読」で登録しているひと

永遠の詩(7) 萩原朔太郎の作品紹介

現実を超えた天上的な美しさと子供のような残酷さ。内省と虚無。言葉にできないものをこそ、詩にあらわそうとした詩人の傑作を現代仮名遣い、鑑賞解説付きで収録。

永遠の詩(7) 萩原朔太郎のKindle版

ツイートする