月光浴

  • 232人登録
  • 4.04評価
    • (54)
    • (23)
    • (41)
    • (1)
    • (2)
  • 51レビュー
  • 小学館 (1990年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096805718

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
石川 賢治
石川 賢治
ダニエル キイス
高橋 順子
谷川 俊太郎
宮部 みゆき
梨木 香歩
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

月光浴の感想・レビュー・書評

  • 月光浴シリーズの中でも、特に美しいと思う。
    モニュメントバレー、マダガスカルのバオバブの木、ガラパゴス諸島、イグアスの滝、マンゴ国立公園、ウユニ塩湖の写真。ウユニ塩湖はこの世のものとは思えない特殊な場所。

  • 深い関わりがあるはずなのに、
    何ひとつそれに気付く事もないまま、
    常に私の後ろを流れるように
    猛スピードで、時は過ぎ去って行く。

    こんな静かな場所に、
    月明りの地に、
    最期に踏み入ったのは何時の事だったろう?

    蒼い光の下でのみ、
    正体を現す
    それらが発する声は
    あまりにも
    小さすぎて、

    私は耳を澄ませる様に
    写真集のページを捲った。

    心が森閑となる月灯りの夜。

  • ヒマラヤ、バリ、サイパン、ハワイ、パラオ、
    そして日本を巡る
    満月の光だけで撮影された
    世界でも珍しい月光写真集。


    眠れない夜や
    心がざわつく夜に
    何度も見返してます。

    山や川や滝や森や
    花やキノコや
    虹、岩、海、
    サンゴ礁などを捉えた
    夜にしか見ることの出来ない
    人間の知らない『真実』の世界。



    まるで雲のように見える海、
    浮かび上がる白い水しぶきが
    生きてるかのような滝、


    夜の花は
    本来の妖しさをたたえ、

    闇の中、真っ赤なマグマが海に流れる様は
    エロチックでさえあり、
    神秘的で神々しくて
    自然が作り出した美しい写真は
    ページをめくるたびに
    思わずボーッと
    引き込まれてしまいます。



    自分自身試合前の山籠りで
    真っ暗な闇に浮かぶ月を見て
    その吸い込まれそうな灯りに圧倒され
    涙が止まらなくなった経験があります。


    まるで夢の中にいるかのような
    神秘的な世界観と
    満月のパワーに
    癒されること間違いナシの
    本当に美しい写真集です。

  • たしかに満月って眩しいものね。

    ハワイのケラウェアボルケーノのマグマの写真が興味深い。マグマの写真って初めて見たかも。というか ハワイに火山があったのね。

    仙女盃がかわいい。

  • しんと静かな青の世界。
    妖しく綺麗な光景にドキドキしました。

  • 月の光だけで撮影。
    だからみんな青系統なのね…オオーw(*゚o゚*)w
    神秘的と言えば神秘的!(b^ー°)

    好き嫌いが分かれるかもしれない……。

  • 自分のお金で初めて買った写真集が月光浴でした。
    20年前のことです。

    この世のものとは思えない美しさです。
    この一瞬を撮るために、どれだけの時間が流れたのでしょう。
    こうして作品として観ることができ感謝します。

  • 1990 年当時に見た写真集。特にサイパンの海岸の写真が気に入った。

  • 相当前に一度眺めたことがあった程度だったが、今回はゆっくりと見ることができた。

    やっぱり月の光だけで写真を撮るという発想が素晴らしいし、撮影には困難が常につきまとうものだろうことは、想像に難くない。

    個人的な趣味でいえば、月光の下の山の写真を多くみたい。

  • 石川賢治サンの写真を初めて観たのは19の年。


    瞬間『目が奪われた』のではなく‥全ての感覚を奪われた。

    今でも忘れられない、あまりにも穏やかであまりにも衝撃的な出逢い。



    満月の光で切り撮られた夜の世界は

    穏やかだけど妖艶

    静かだけど静寂とは違う‥ひっそりと脈打つ音が聴こえる

    ゆっくりと動く空気の気配すら感じられる。


    日常に捕われた感覚を

    奪って、取り戻してくれる
    そんな写真達。

  • 月の光だけで撮った石川賢治さんの「月光浴」シリーズ
    素晴らしいです

  • 元々、BLUE系の自然の写真が大好き。
    本屋さんで立ち読みした。
    その後、写真展にいく機会があり
    その時、こちらを購入した。
    月光の下に こんな世界があったなんて…感動!

  • 月明かりの下、ほの白く浮かび上がるきのこの写真に心惹かれた。

  • 月光浴にはじめて会ったのは、たしか小学生だか中学生の頃。

    父が入会していたニッコールクラブの会報に載っていたのがきっかけだったと思う。

    当時は子供で、写真集を買うお金もなく、ただ「月光浴 石川賢治」という名前と写真を何度も何度も心に刻んだ。

    実際に手にいれる事が出来たのはそれからずっと後だったけれど、月あかりだけで撮られたという「青の世界」には子供の頃に感じたものとかわらない感動がありました。

    青のグラデーションが本当に美しく、静けさに引き込まれます。

  • 月明かりの露光だけで撮った写真集。幻想的な世界がそこに!
    http://sgk.bz/Ec1kkD

  • 月光のみで撮られた写真集。
    もともと月が好きで、好奇心から買ったもの。中味を見た時の衝撃は忘れがたい。
    信じられないくらい綺麗な蒼と、張りつめた静けさを感じられる写真集。

  • 月明かりだけで撮影された写真集。
    知らなかった。「夜」は、こんな顔を見せているんだってことを。
    ほの青白く、どこまでも穏やかな空間。
    「月光浴」というタイトルどおり、その写真に見入っているうちに、
    月の光のシャワーを浴びているような不思議な感覚に陥ります。

  • 圧巻。。。。

    月光だけでこんな写真が・・・
    というか月光だからこそこんな写真が、という感じです。

    別世界みたい。

  • とても有名な本でしたのに、ずっと手にとれなくていましたが、玉木宏さんのラジオ放送で久しぶりにその書名を聞いてどうしても手に取りたくなって購入しました。
    明るい光の中で写し取られた写真と違い、この写真集は、見るともどかしさでページをめくる手がついつい早くなってしまいました。
    ところが東山魁夷の絵と見まごうばかりの写真にいきあった瞬間、もう一度最初のページから見なければという思いにとらわれてしまいました。
    さっきまでのもどかしさが、月光の深淵さに感じられ、最初のページのネパールの山々には、神がいるように見えます。
    心を落ち着かせたい時に、間接照明で見たい写真集です。

  • 光があふれとります。

  • 何年経っても、何回見ても飽きません(^^)

  • 写真集の中では一番好きなこの本は有名すぎるほど有名で。
    月の光だけで撮ったという写真は息を呑むほど神秘的で、ともかく美しい。

    きっと人生最期に見る風景ってこんな感じなのかもって思った。
    夜明けはもう少し先。
    音の無い蒼い世界に静に別れを告げて、心安らかに旅立ってゆけたらいいのに。

  • 手元にはないんだけど、この人の写真とても好き。
    月の光で撮った幻想的な写真。

全51件中 1 - 25件を表示

月光浴を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月光浴を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする