しあわせな日々―カヌー犬・ガク写真集

  • 29人登録
  • 3.87評価
    • (5)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 野田知佑
  • 小学館 (1998年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784096811016

しあわせな日々―カヌー犬・ガク写真集の感想・レビュー・書評

  • 2016/2/4購入
    2016/5/7読了

  • 1998年6月3日読了。

  • 犬、苦手です。
    あらゆる表情が豊かで、人間を信頼していて(そうじゃない犬も多いけど・苦笑)、基本的に物凄く頭の良い生き物。
    ダメ人間にはあのピュアさ、が耐えられないです。
    でも、読み物は別。

    ガク、に関して言えば、普通の人間以上の体験をしていて、『自立心』のある一人の犬というイメージ。
    カヌーの先端に誇らしく前足を乗せていたり、枕にされて一緒に寝てたり、良い顔した写真も多いけど、ガクの本を読むと、きっともっと遠くを見つめたり、考え込むような人っぽい表情をいっぱいしてたんじゃないかなと思うと・・・もうちょっと、他の表情も見たかったと思う。

    しかし、犬は雑種が一番かわいいと思う、うん。
    表紙のガク、本当にきりっとした良い顔している!!

  • ガクはりっぱな男ですね

  • ガクかわいい!
    かしこい!
    りりしい!
    萌!

  • 昔TVCMで、カヌーに犬を乗せ、悠々と川を下る人がいた。何のCMだったかな?その犬の名はガクと言い、カヌーを漕いでいたのは、野田さんだった。

    アタシは、当時、犬にもカヌーにも、そういう生活にも全く興味もなく、ただ変わった人もいるもんだ。。くらいにしか思っていなかったのだけれど、今、思えば何年も前に、今のストレス社会に住む人々が憧れるような生活を既にしていたのが 野田さんだったのだ。

    この野田さんが書いた ご本人曰く カヌー犬ガクだけにテーマを絞って書いた最初で最後の小説『ともに彷徨いてあり』(文芸春秋)を読んだ。ガクとの出会いから訣れまでが書かれている。今、自分も犬を飼って読むと、こういう本は本当に楽しく、ガクと野田さんとの生活は羨ましく、憧れだ。

    野田さんと犬ガクの名前の元となる、少年岳(ガク)くんの父、ガクの養父の椎名誠さんとの出会いもこの本には出てくる。椎名さんも大好きだ。たしか『ガクの冒険』という映画もあったが、見ておけばよかったなぁ。今じゃなかなか見られない。見たいなぁ。椎名さん主催の『ホネ・フィルム』も残念ながら解散してしまったらしいし。

    『カヌー犬・ガク写真集 しあわせな日々』(小学館)も合わせて読むと、野田さん、ガクがどんなしあわせな日々を過ごしてきたかがちょっとだけ覗ける。犬と人間の本当にいい関係がそこにある。

  • 野田さんとともにカヌーを楽しむ愛犬ガク。大切な相棒同士の静かで素敵な関係がじんわり伝わってきました。

全8件中 1 - 8件を表示

しあわせな日々―カヌー犬・ガク写真集はこんな本です

ツイートする