雨の名前

  • 459人登録
  • 3.74評価
    • (53)
    • (37)
    • (88)
    • (2)
    • (3)
  • 55レビュー
  • 小学館 (2001年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096814314

雨の名前の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本には、雨の呼び方がこんなにあるんだとびっくりしました。
    雨の日、外に出られずに家にいるとき、つい思い出して読み返してしまいます。素敵なキャッチと紹介文を見つけたので、良かったら見てみてください。
    乾いた「心とからだ」に心地よい、雨のメッセージ。
    http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_4096814318

  • 「梅雨」ひとつとっても「送り梅雨」「走り梅雨」とさまざまな名前があります。日本人ならではのたくさんの雨の名前を印象深い写真とエッセーなどと共に紹介しています。「袖の雨」「流星雨」など雨にたとえた言葉や「ざぶり」など地域で使う雨の名前など、雨が降ったら使いたくなる言葉がたくさん載っています。「今日の雨こはどんな雨
    ?」雨が楽しくなります。

    ↓利用状況はこちらから↓
    http://mlib.nit.ac.jp/webopac/BB00004401

  • 請求記号:451.64/Ta 図書ID:00129641

  •  
    ── 高橋 順子/佐藤 秀明・写真《雨の名前 20010501 小学館》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4096814318
     
    (20140326)
     

  • 巻末の索引には、400以上の“雨の名前”がずらりと並んでいます。杏花雨、発火雨、分龍雨、瞑怒雨、黄雀雨、洒涙雨、肘笠雨…。いったいどんな雨なのでしょう、ページを繰ってみたくなります。
    本書では、日本や中国の詩歌、暦や方言などに由来する四季それぞれの雨の呼称が、素敵な写真とともに紹介されています。
    その降る様に心を奪われ、神仏を連想し豊穣を祈った昔の人々は、多くの美しい言葉を作りました。
    それに比べると、ゲリラ豪雨という現代の新語には、情緒や風流が感じられませんね。

  • その名の通り雨の名前を紹介する本。風よりもこちらの方が先に出たみたい。文章は風と同じノリで乗り切れないけれども、写真が割と良かった。雨に濡れるだけで何ともない日常の風景もなんとなく風情が出てくるもの。

  • 日本は温帯湿潤気候帯に属する。
    日本は、雨が多い。
    その雨に日本人は非常に繊細かつ多彩な名前を付けた。「育花雨」「甘雨」....雨の名前422語の解説、言葉に添えられた選ばれた写真。そして、雨に添えられた詩人の言葉。
    昨今の新聞紙面などで踊る「ゲリラ豪雨」などというはしたない言葉ではなく、日本に降る雨の優しさと、匂いがそこにはある。
    雨の降る時期に、病気で入院する時に一冊本を持って行くとしたら、本書を勧めたい。毎日雨ばかりで退屈だなぁと思う気持から、雨を慈しむ気持ちに変えてくれるかもしれないから。
    ただ、この本で感じられる雨は、いつも室内からみているような感じする。雨を愛おしく思うためには、自分がずぶ濡れになっていないことも大事。だから、病院を連想させられたのかも。

  • 銀箭
    翠雨
    電雨(光)←→雷雨(音)
    冬雨、凍雨
    一両日和
    朝雨に鞍置け
    飛雨

  • 雨の名前はこんなに沢山あるんですね。
    しかも、同じ雨でも季節や時間が変わると呼び名まで変わるなんて知りませんでした。

    時々、説明文についている雨の名前が詠み込まれた俳句や短歌も良かったです。
    P90の“すけじろさん”の話も素敵だなぁ。

  • 写真集でいい資料はないかと探しているところで発見し即買い。
    雨というか、雨に限らず日本独特の呼び名とか好きでもあったので、こういう本もあるのかと驚きました。
    どちらかというと写真より字が多いです。

全55件中 1 - 10件を表示

高橋順子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高橋 順子
ネイチャープロ編...
高橋 順子
林 完次
有川 浩
安部 公房
ZOO
乙一
エドワード ゴー...
ネイチャープロ編...
有効な右矢印 無効な右矢印

雨の名前を本棚に「読みたい」で登録しているひと

雨の名前を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする