[新世界]透明標本2: New World Transparent Specimens 2

  • 65人登録
  • 3.11評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 冨田伊織
  • 小学館 (2014年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096820919

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
tupera t...
森見 登美彦
セオドア・グレイ
エラ・フランシス...
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

[新世界]透明標本2: New World Transparent Specimens 2の感想・レビュー・書評

全8件中 1 - 8件を表示

[新世界]透明標本2: New World Transparent Specimens 2を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

[新世界]透明標本2: New World Transparent Specimens 2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

[新世界]透明標本2: New World Transparent Specimens 2の作品紹介

これは、美しき透明標本の第二章。

美しき透明標本の第二章。

2009年10月刊行の写真集第一弾『[新世界]透明標本』は、魚類、無脊椎動物、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類などの標本が掲載され、37,000部のロングセラーとなりました。

第二弾となる本書のテーマは「魚の生態と造形美」。水中を自由に泳ぐ魚たちの姿と、内在する神秘的な造形を、透明標本作家・冨田伊織ならではの世界観で紹介します。

水中という、陸上とは全く異なる世界に暮らす魚たち。
透明標本となった魚たちは、何を語りかけてくるでしょうか。

【著者コメント】
透明標本。生物でありながら目に写る造形は、まるで鉱物によって形作られたかのような美しさです。
「肉質を酵素により分解、透明にし、硬骨を赤紫、軟骨を青色に染色をする」という骨格研究の手法をベースとし、「命」をより身近に感じる造形作品としたく活動しています。

元来の学術標本としてはもちろん、芸術やアート作品として、哲学の世界の扉として。作品を一つのレンズとして、今までにない新しい世界を投影して頂ければ幸いです。
新世界『透明標本』が作り出す、美しくも不思議な世界をどうぞご覧ください。

【編集担当からのおすすめ情報】
○装幀デザインのフォーマットは第一弾に揃えているので、第一弾と第二弾のセット購入がおすすめです。
○写真集第二弾の発売にあわせて、透明標本の展示会が開催されます(2014/7/19-8/31群馬県立館林美術館、2014/7/19-8/31宮崎県総合博物館)。

ツイートする