日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
  • 小学館 (2016年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784096822166

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何より絵がきれい。資料館にありそうな絵。こうやってみると、日本の城は江戸時代とその前のものがほとんどなのだなあ。中世から近世まで色々あるわけじゃない、地方性があるようなないような。

全1件中 1 - 1件を表示

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図を本棚に登録しているひと

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図を本棚に「積読」で登録しているひと

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図の作品紹介

城を愛する人に見てほしい空前絶後の名城画

昭和30~40年代に、全国の古城を訪ね、古写真や古書を集めて、精密で息をのむ美しさの復元鳥瞰図を描いた画家がいた。荻原一青〈おぎはら・いっせい〉(1908~75)である。元は友禅画家だったが、23歳の時、故郷尼崎城の荒廃に心を傷めたのをきっかけに、日雇い労働をしながら、全国の復元城郭画制作に生涯没頭した。荻原の遺した精緻で美しい名城画、109城、180点を、日本を代表する城郭研究家の西ヶ谷恭弘氏の解説文と共にまとめた本。

【編集担当からのおすすめ情報】
荻原一青画伯は昭和50年に亡くなりましたが、生前、総カラー印刷の画集出版を切望していました。昭和53年に、小学館から一千部限定の豪華画集『日本名城画集成』が刊行され、画伯の夢はかないましたが、刊行と同時に完売し、
まぼろしの画集となったのです。本書は、約40年を経て、豪華画集に収録した全図を掲載した普及版です。城を愛する人、必見です。

日本名城画集成: 知られざる城郭画家が描いた美しい復元鳥瞰図の大型本

ツイートする